子供の才能の開発:“叱る”より“褒める”


● 失敗しそうなことに手出しをしない

 子供が自分の思う通りにならないと、親はイライラして小言ばかりいいます。けれども、小言を言われてもやる気は育たないのが普通です。

 子供がなにか失敗したときに、頭ごなしに叱ると、次からは叱られる事がないように、失敗しそうなことには、始めから手出しをしなくなってしまうのが普通です。

 日本の場合には、社会全体がどちらかというと「減点法」のやり方をとっています。人のしないようなことを進んでやったとしても、あまり褒められません。
 
 むしろ、人のやらないことをして失敗するような事があると、その失敗のほうが重大視されます。そして、一度やった失敗は、その後なにか良いことをしてもなかなか取り返しがつきません。

 生まれた時に何点か持ち点があって、なにか失敗をする度に減点されていくという具合なのです。失敗するぐらいだったら、始めから手出しをしないことにしておけば、持ち点を減らすことなく、年功序列制で、だんだん地位が上がって行くという雰囲気が大人の世界にはあります。

スポンサードリンク

 子供の教育にも、いつの間にかこのようなやり方をしてはいないでしょうか。

 「音楽はだめだが、絵が素晴らしくうまいから…」といって、その才能を伸ばして行こうとする場合よりも、「絵はいいのだが、音楽がダメで困ったものだ…」というような評価のしかたをする事のほうが、はるかに多いのではないでしょうか。

 子供に「やる気」を起こさせようと思ったら、悪い点を叱るよりは、良い点を見つけて褒めてやることです。

 何かをやるとき、やらせるとき、特に終わりが大切です。難しい事をやらせて、うまく出来なかったからといって「駄目ねぇ。パパに似て不器用なのね」─ これではやる気がなくなります。

 「難しいものをよくやたわね。これなら、今度は上手く出来るわよ」と、おしまいのところはまず褒めて、子供に出来るような課題に切り替えてやりましょう。

子育てママの化粧品