子供の才能の開発:やる気を育てる


 「うちの子はどうも欲がなくて」 「やる気が足りなくて」というような訴えをよく聞きます。やる気や欲がないということは、どういうところに問題があるのでしょうか。また、どうすればやる気がおこるのでしょうか。

 <母親が完全に信頼できる人間になる>

● 母親は「教育者」である以前に「肉親」であれ

 まず、母親として最も大切なことは、子供にとって、母親が一人の完全に信頼できる人間になることです。ごく当たり前のことですが、母親は「教育者」である以前にまず「肉親」でなければなりません。

 心理学者の実験によりますと、親猿から離して育てられた子猿は成長しても、ほかの猿と親しむことができません。そういう猿は、ほかの猿と配偶関係を結ぶことが難しいのですが、たとえ、たまたま子供を産むようになったとしても、自分の産んだ子に親しみを感じることができません。

スポンサードリンク

● 子供の心の底に安心感を

 幼いときに母親に抱かれること、父親のひざに座ることなどが、子供に深いところからの安心感をもたらします。

 よく「幼稚園は社会性を養うところだ」といいますが、本当に深い意味の社会性は、母親に優しく抱かれるところから生まれるのです。

 肉親の温かみを味わった事のない子供は、大きくなってからも、他人との接触がうまくいきません。

 <親が子供のお手本になる>

 子供の「やる気」という点から見るとき、親が子供の手本だということに、二つの意味があります。

● 知らず知らずに親の行動を真似る

 親や兄弟が本を読んでいるのを見ると、2歳になるかならないかの子供でも、本を開いて本を読む真似をします。母親が鏡台に向かうと子供も鏡に向かっていたずらをします。

 だから子供に字を覚えさせようとしたら、やたらに字を読め、字を書けというだけでなく、親が本を読み、親が字を書くことです。手紙でも何でもいい、親が字を書いているところを見る機会をつくることです。

 あいさつをきちんとするように教えたいのでしたら、親が近所の人にあいさつすることです。

● 親の心、生き方が子供に伝わる

 親がお手本だということの第二の意味は、親の心や生き方が、子供に伝わるということです。

スポンサードリンク

 自分の行為・行動に弁解を用意していないか
 たとえば、神経症的な傾向のある人は、「自分はしない」と言わずに「自分は出来ない」と言います。横着者でないということを世間に理解させるために、「体が弱くて疲れやすい」というようなうまい理由を持ちだして、「だから私は出来ない」ということにします。

 これが、本人にも気づかない、知らず知らずのうちになっている芝居であることが多いのです。

 人と同調しない、という場合でも、人とうまくやっていく努力はやめてしまって、どうも自分は生まれつき一本気なものだから、嘘がつけなくて、というように「性格」というもっともらしい理由を持ちだしてそれ以上の努力をせずに済ましてしまいます。

 こういったものは、その人に染みついた生活態度なのです。そして、このような生活態度は、いつの間にか子供にも伝染していくものです。

 自分の生活を失っていないか
 教育熱心な母親のなかには、自分の生活を全部放棄して、子供の教育に打ち込んでいる人がいます。

 教育熱心な人の全てがそうだというわけではありませんが、中には、自分自身の生活を深く考えたくないので、子供のことだけ考えている人もいます。

スポンサードリンク

 また、無意識のうちに夫に敵意を持っていて、夫の身の回りの始末はしてやりたくないし、「夫は家庭をかえりみない。この家庭は、私一人で支えているのだ」と思い込みたくて、子供の世話に夢中になっている場合も多いようです。

 このような場合には、せっかく子供の教育を考えても、母親自身が自分の生活を失っていては、いつも悪いお手本を示していることになります。

 家事も投げやり、趣味もなく、ただ子供に「ああしろ、こうしろ」といっているよりは、母親がおいしい料理を作ろうと努力したり、父親が美しい花を咲かせようとして一生懸命土いじりしているほうが、はるかに子供のやる気を育てることになるわけです。

 子供にいろいろ注文する前に、親が自分はなにかに打ち込んでいるか、責任のがれの逃げ腰の生き方をしていないかを反省することが必要でしょう。

子育てママの化粧品