子供の才能の開発:幼児期の興味


● 言葉を話すようになると新しい段階を迎える

 子供が言葉を話すようになると、興味の発達はまた新しい段階を迎えます。「興味を促す」のページで紹介した、ジョン・ロックは、子供の知識欲を助長し、旺盛にしておく方法として、次のようなことも言っています。

 「子供を優しく、一目置いて扱い、子供の質問には、いつでも真面目に、子供の満足のいくように答えてやりなさい。人間はゆりかごにいる時代から“うぬぼれ”の強い高慢な生物なので、子供の理解力を褒めたたえてあげて、彼らの自尊心を満足させてやりなさい」

 子供たちの「これなに」、「どうして」、「なぜ」という疑問を大切にする事だ、というのです。

 ただ、子供たちの好奇心を伸ばしていくためには、子供の質問に真面目に答えるということのほかに、注意しなければならないことがあります。

● 親の言葉遣いにも注意する

 まず、ふだんの親の言葉遣いに注意しなければなりません。

スポンサードリンク

 たとえば、夕方になって近所の家へ遊びに出かけようとする子供を止めるには、こんな言い方があります。「もう外に出ちゃダメよ」 「どうして」 「お母さんがダメって言っているでしょ。ダメと言う時はダメなの」

 また、こんな言い方もあります。「もうすぐ御飯よ。それに、よその家もお父さんが帰ってらっしゃるでしょ。そうするとご飯でしょ。ご飯のとき○○ちゃんが遊んでいたら困るんじゃないの」

 はじめの言い方は、“外に出るな。命令だ” と言っているだけで、問答無用というやり方です。

 後の言い方は、“外に出るな” というよりは “外に出てはいけない” 理由を説明するというやり方です。それも○○ちゃんがよその家に行くと、そこでどんなことが起こるか、他人の立場に立って、その状況を考えさせる、というやり方なのです。

 どちらにしても、躾の上の問題で、興味や好奇心とは直接関係がないように思われますが、決してそうではありません。

 ”やってはいけないと言ったらいけないのだ。子供のくせに、女の子のくせにそういうことはしてはいけない” というような言い方で躾ようとすると、子供は、物を考えようとはしなくなってしまうのです。

 子供にとっては、躾と勉強をはっきり区別することは出来ません。

 自然現象について「なぜ」と考える子供にしたかったら、躾についても、まず親のほうから、なぜそうしなくてはならないかを説明するようにして、物事には”理屈”があるのだ、という信念をしっかりと植え付けてください。

● 親が手本を示す

 親が手本を示す事も大切です。親自身が新しいことを発見して驚くこともなければ、疑問があっても、自分で調べようとしない、色々のものをいじったりしないなど、子供にとって手本とならないようなことばかりしているのに、「うちの子は…」とこぼしても、それは無理というものです。

スポンサードリンク

 家の中が電化され、スイッチ一つで何でも済んでしまうような便利な時代になればなるほど、特にこのような注意が大切です。

 たとえば、家族で旅行に行く場合、子供の前で地図を広げてプランを立てる、時間表を調べる、といったことが子供の興味を育てるのです。

 旅行の計画は旅行案内所まかせ、というような万事他人まかせの生活では、子供はそれを見習ってしまい、子供の知的興味が育つ機会が失われてしまいます。

● 親がなにか興味を持つことも大切

 親が何の興味も持っていないのに、子供の教育を考えて、図鑑や美術全集、CD類を買い揃えても効果が上がらないことが多いようです。

● 考える癖をつける

 子供が言葉を話すようになると、言葉に頼り過ぎるようになる、ということも注意しておかなければなりません。

 よく、「カエルにおへそがないのはなぜでしょう」などという問題と、それに対する解答を並べたような本があります。そのような本も悪いとは決して言えないのですが、下手をすると、問題と答えとの丸暗記になってしまう心配があります。やはり自分で考える癖を身につけさせなければなりません。

 考えるといっても、「よく考えなさい」というのは下手なやり方です。子供が物を考えることに楽しみを感じるのは、次のような場合です。

・ 物事には規則があって、一つ一つ観察しなくても考えさえすれば自然に分かるのだ、という感じを抱くとき。

・ そのようにして信じていた規則が例外にぶつかったために、「おや」と思うとき。

 例えば、トンボやチョウの足の数は6本と決まっています。このような“決まり”に気づくと、その決まりがカブトムシやバッタにあてはまるかどうか調べてみる気になります。世の中には“決まり”があるのだという信念を持たせることは、幼児の科学教育としてもっとも大切なことです。

● “決まり”に矛盾や例外があることを知る

 こうして、自然界のいろいろの“決まり”を知ることは、子供の興味をかきたてるうえに大切なことです。

スポンサードリンク

 しかし、虫の足は6本と決まっているのだという事があまり続くと、今度は、なにもかも当たり前ということになって、また興味がなくなってきてしまいます。そのような時には、また新たな興味が湧いてくるのは、ちょっとした矛盾や例外にぶつかるときです。

 虫の足がみんな6本と信じていたところに、クモの足は6本ではなく8本あるという事実にぶつかると、新しい興味が子供の心に湧いてきます。

 このように、例外にぶつかって興味が湧いてくるというようになるためには、まず自然界の“決まり”に気づいていなくてはなりません。

● 幼児も気がつく自然界の“決まり”

 幼児にも気づくことのできる自然界の“決まり”としてはいろいろあります。

 花びらの数、葉のつき方など、植物の世界にもありますし、大人がヒントを与えてやれば、体の毛が生えている動物は赤ちゃんを産むというようなことも、3,4歳で理解できます。

 こういう“決まり”が知識の中に取り入れられると、それまで絵本で見て、豚には毛が生えていないと信じていた子供は「そんなこと言ったって、豚には毛がないのに、赤ちゃんを産むよ」という疑問を持つようになります。こんな時こそ動物園でいろいろな動物を観察させる絶好のチャンスなのです。

 幼児の場合には、自然界の規則に気がついても、いつでも言葉で説明できるとは限りません。体で感じていることが多いものです。

 むしろ、体で色々なことを感じていることが、小学校や中学校に進んだときになって生きてくるのです。

子育てママの化粧品