子供の才能の開発:赤ちゃんの好奇心


● 生まれたばかりの赤ちゃんにも好奇心はある

 たとえば、赤ちゃんの目の前に物を差し出してやると、赤ちゃんはちょっとの間それを見つめます。この見つめる時間を調べてみると、単調な物よりも、格子模様のほうがずっと長いのです。

 何の変化もない灰色よりも、いろいろと複雑な模様の描いてあるほうを長く見つけるという傾向は、生後2日目にはもう表れていると言われます。

 いろいろな知識を吸収する活動が、こうして生まれて間もなく始まるというわけです。

● この時期の興味の伸ばし方

 好奇心や興味を活発に育てようと思ったら、赤ちゃんの時からの注意が大切です。

スポンサードリンク

 赤ちゃんに色々の物が見えるようにしてあげる、音楽を聞かせる、家族の人たちが赤ちゃんに話しかけるなど、清潔と平穏だけを考えず、赤ちゃんの感覚器官を活発に活動させるように、環境を工夫しましょう。

 始めのうちは、感覚器官を活動させるだけですが、そのうちに、赤ちゃんは目の前に出された物を見たり、音のする方向に頭を向けるというだけではなしに、自分から進んで見なれたもの、聞きなれた音を求めて、いろいろな事をするようになります。

 ひもを引くと音がするおもちゃに興味を持ったり、ボールに布をかけて隠すと、探し求めるというのは、このような、やや進んだ形の好奇心の表れです。

 ”いない、いない、ばあ”が出来るようになれば、好奇心はこの段階まで確実に発達したのです。

 そのうちに見慣れた物を探すだけでなく、新しい物を喜ぶようになります。外に連れ出してもらいたがるだけでなく、家の中でもだんだんいたずらが盛んになってきます。

 興味を促したり、好奇心を活発にさせたりするには、赤ちゃんのこのような活動を抑えつけないようにする事が大切なのです。

● 興味を持続させるには

 見慣れたものを喜ぶというのと、新しいものを喜ぶというのとでは、多少矛盾したところがあります。

 赤ちゃんの、この二つの気持ちを満足させてやるには、親は、子供の環境を上手に調節してやらなくてはなりません。

 新しいものを欲しがるからといって、絵本やおもちゃをあまりにもたくさん、次々に与え過ぎると、子供の好奇心は疲れてしまって、飽きやすく”移り気”になってしまいます。

スポンサードリンク

 その反対に、環境にあまりにも変化がないと、好奇心は眠ってしまったり、死んでしまったりします。

 最近のお母さん方には、どちらかというと、子供の好奇心を疲れさせないための注意をしていただいたほうがよいかも知れません。

 親が買ってやらなくても、おじいさんやおばあさん、知人などからのプレゼントで、子供の持ち物は豊富になり過ぎることが多いようです。

 絵本やおもちゃが多過ぎる時は、子供の見えない所にしまっておくという工夫も必要でしょう。

 また、キレイ好きのお母さんは、子供の絵本が少し汚れたり、子供のおもちゃが少し壊れたりすると、すぐに整理してしまいたくなります。

 けれども、たとえ汚れていても、そのような絵本やおもちゃは、子供にとっては「宝物」であることが多いのです。

 子供が大好きなものほど、汚れたり壊れたりすることが多く、そのことを気づかずに、汚れた絵本やおもちゃをお母さんが整理してしまったのでは、子供の興味は持続性を失ってしまいます。

子育てママの化粧品