子供の才能の開発:興味を促す


● 子供は元々好奇心や探究心を持っている

 「子供というものは元々無知なものだ。けれども、その無知を取り除く手段として、子供たちには好奇心や知識欲が与えられている。好奇心のおかげで子供は育っていくので、好奇心が弱ければ、子供たちは愚かな、役に立たない人間になってしまう」

 上のような意味のことを、ジョン・ロックというイギリスの哲学者が言っております。

 サーカスの動物を訓練する場合には、動物たちの食欲を利用して、上手に芸が出来たら餌を与えるという方法で芸を仕込みます。

 ちょうどそれと同じやり方で、勉強したらいいものを買ってやる、よくおけいこしたらいいところへ連れて行ってやるなどと言って、子供を励ますお母さん方がいます。

スポンサードリンク

 ジョン・ロックが言おうとしたのは、人間の子供は、サーカスの動物のように、餌を種に勉強させようとしなくても、元々好奇心や探究心が備わっていて、その好奇心や探究心を助長し、盛んにしてさえおけば、子供は自然に利口になっていくものだ、ということでした。

● 大切な幼児期の知的興味

 最近では、子供の好奇心や知識欲を伸ばすということが、昔よりも一層大切に考えられるようになってきました。

 サーカスの動物を訓練するような、餌を種にして勉強させたり、おけいこ事をさせるやり方は、なにか決まりきったことを覚えさせるのには効果があります。

 しかし、最近の世の中の移り変わりは非常に激しくて、教えられた事をそのまま覚えているだけでは、すぐ世の中の変化に追いついていけなくなってしまうのです。


 勉強をしなさいと言われて勉強をし、褒められるために勉強をするという癖がつきますと、学校生活を送っている間はいいでしょうが、社会に出てしまうと、勉強をしなさいと言ってくれる人もおりませんし、勉強をしたからと言って、いろいろ褒めてくれる人もおりません。

 世の中の動きについていくためには、自分から進んで勉強しなければならないというわけですが、そのためには、大人になっても知識欲が活発に働いていなくてはならないのです。

 このような好奇心や知識欲など知的興味と言われるものは、幼児期から家庭で親がどのように子供に接するかということが、一つの大切なカギになるのです。

 好奇心や知識欲は、将来子供が成長して、社会に出てから、自分の力で新しい世界を切り開いていく原動力であることを知って、子供の知的興味をおおいに伸ばしてあげたいものです。

子育てママの化粧品