子供の才能の開発:感受性を育てる


 「幼児はすべて詩人である」といった文学者がいます。それは、幼児の心の中には、人間の感受性が純粋な形で生きているということです。

 さくらの花が、ちったから
 うちのバンソウコウで
 はってあげましょうよ
 (5歳児)

 これを詩と見るか見ないかは、読む人の自由です。これを読んで「何だつまらない」 「こんなくだらないもの」と考える人がもしいたら、その人の人間的な感度はくるっているといえないでしょうか。

 物に触れ、事に触れて、このようの見方、思い方の出来る子供は、そうでない子供に比べて、豊かな人生を経験しつつあるといっても間違いないでしょう。

● 感受性の不毛という現象

 現代では、多くの子供たちが深い喜びも驚きも感じないままに毎日を送っています。これは、焦点もなければリズムもない、一様にボケた、果てしない落書きのようなその日その日です。

スポンサードリンク

 感動のない、型にはまった惰性的な生活のよどみの中では、人間らしい、豊かで生き生きした“物の感じ方” “物の受け止め方”も育ちませんし、もしそういうものに恵まれていたとしても、いつの間にか擦り切れていきます。

 本当にその子らしい個性的な、豊かな感受性が心の骨組みになっていず、ある時は親から聞きかじった生半可の知識を引き出して物を理解し、他の時にはテレビで得た知識を物差しにして物を判断するというような“寄りかかり判断”と“借り物理解”が、子供の世界にごく当たり前のようにまかり通っています。

 それが習慣化しつつある子供たちに、個性的な産物や創造的な活動が乏しくなるのは当たり前です。

 借り物の知識がこうして日に日に増大するにつれ、反面では貴重な人間的な感受性が枯れ果てていきます。これが「感受性の不毛現象」ですが、人間の本来の姿では決してありません。

● 知性と感受性の一本化で個性の開発を

 こんにちの子供たちの物の感じ方、物の見方に潤いがなく、ガサツな生活態度があるとすれば、それは大人の「導き」の責任です。

 知性の開発にはあまりにも性急で、詰め込み式の知識教育に走る過ぎるのに、感受性を養うことは比較的冷淡なのが、こんにちの大人の実態ではないでしょうか。

 しかし、個性の開発というものは、知性と感性とが一体化し、その相乗効果のうえに人間性の花を咲かせると事にあるのだと考えます。

子育てママの化粧品