子供の才能の開発:個性と習い事


 ピアノ、バイオリンなどの音楽教育をはじめ、お絵かき、お習字、バレエなど、いわゆる幼児の習い事が盛んなようです。

 学校教育では、一人ひとりの子供にまで、これらの特殊な技能の教育や訓練をすることは難しいので、家庭がこの種の個性教育の場になっているのでしょう。

● 個性の破壊にならないように

 ところが、これらのいわゆる早教育は、本来の意義や趣旨を離れて、まったく別の次元で空回りしているのが実情ではないでしょうか。

 なにか習い事をさせていなければ心配だという親の漠然たる気持ちや、隣近所への対抗意識などがその動機になっていることはよく指摘されています。

 このような形での早教育は、個性を発見し個性を伸ばすというより、個性の破壊にしかならないと思います。

 幼児は遊びが生活なので、ピアノやバイオリンを習ったり、絵の教室に通ったりすることに、むしろ迷惑に感じる子供のほうが多いと言えるでしょう。つまり、たいていの子供は習い事よりも遊びのほうに興味を持ち、その中から伸び伸びと個性を育てていくものなのです。

スポンサードリンク

 親だけの熱意や虚栄心から、そういう子供を習い事に通わせようとすれば、どうしても無理やりということになります。そうなれば、叱ったり、ご機嫌をとることも必要になるでしょう。

 そして、結局は子供の意志はそっちのけにされ、お稽古の真の効果は上がるはずもありません。

● 才能が個性ではなく、才能を生かす自分が個性

 どんなに才能に恵まれていても、また、早教育が成功しても、それだけでは個性が伸びるとは限りません。それどころか、才能に振り回されて、かえって個性が失われる場合さえあります。

 才能は個性を形成する大事な要素に違いありませんが、才能そのものが個性ではないのです。才能を生かすことの出来る自分こそ個性と呼ばれるものです。

● 習い事を通して個性を育てるには

 古人の言葉に「芸事は6歳の6月6日から」と言われています。これは確かに的を射ています。

 ある高名な日本舞踊の先生にお聞きした話ですが… 「とくに日本舞踊では、その基本を体で、しかも、動作を繰り返して自分の物にしなければ、次の大きな飛躍が出てこないものである。

 そのためには、なんの雑念もわかさずに師を信じ切って、素直にその指示通りに動作をする年頃─5歳頃に、正確な基本動作を植え付けるのが最も良い。

 この年齢で、すでに個性の芽生えが伺えますが、その芽でさえもおさえて、正しい基本を覚えさせるべきなのです。個性はおさえても消えうせるものではなく、積み重ねられた基本を温床にしてやがて大きく芽を出します。そして、その芸の完成期に近づくとともに、ますます輝きを増してくるものなのです」

子育てママの化粧品