子供の才能の開発:個性でない個性


● “癖”“好み”“わがまま”は個性ではない

 “癖”はその人の固有のものという点では個性と共通するものがあります。しかし、癖は鼻をこするとか、話をしながら大げさな身ぶりをするとかいうように、多分に現象的なものを指しています。

 ある幼稚園の先生に聞いた話に、こんなのがあります。

 「A君は、砂場で遊ぶより絵を描くのが好きで、入園当初は絵ばかり描いていました。せっかく外に連れ出しても、いつの間にかガランとした保育室へ戻ってしまう。気をつけて見ていると、絵が好きというより、誰にも干渉されずに、自分だけの世界を楽しんでいたいために絵を描いていたのですね」

 こうしてみると、「絵が好き」というのは嗜好─好み─ではあっても個性ではありません。まして“個性を伸ばす”ということは、本人の好むまま、わがままに行動させることではないことにお気づきでしょう。

● “強情”“変わりもの”は個性ではない

 ほかの子たちが、みんなの遊びに夢中になっていても、自分の気に入ったことに平気で熱中していたり、いったんイヤとなったらてこでも動こうとしない、大人が手を焼くような子供に対して「この子は個性が強すぎて…」と言ったりしますが、間違いです。

スポンサードリンク

 また、個性が強ければ、独自の行動をしがちになることは確かです。そして、そのいき方が他とひどく違えば“変わった子”に見えることもあるでしょう。

 しかし、そのいき方自体に秩序のまとまりがあり、理にかなっていれば、自ずからまともな子供として認められます。子供の世界にも同化できない子を、変わった子だから個性があると考えるのは、大きな誤解です。

● “個人差”を個性と間違えていないか

 3歳になるかならないうちに数を覚え、リズムに合わせて体を動かせる子供がいるものです。

 お母さんはさっそく音楽教室を思い立ち、音楽教室に通わせ、それを“個性の開発”であると考えたりします。しかし、人より早く何かができるというのは、個性というより個人差というべきです。

 とくに幼児にはそれが激しいのですから、音感や美的感覚の芽生えを、そのまま個性をして考えるのは早計ではないでしょうか。

● 「性格」や「気質」は個性ではない

 外向性・内向性というような気質や、いじわる・攻撃的・甘えん坊などという性格は、個性を形づくる大切な要素ではあるが、そのままでは個性とはいえません。

● “特殊な能力”も個性ではない

 個性という言葉は、“その人が持っている一つ一つの特性”や、“その人の特殊な能力”という意味に使われることが多いものです。

 この意味では、個性は「適性」という概念に近いものとして受け取られてもいるわけです。しかし、どんな才能に恵まれていても、個性が確立されるとは限らないのです。

子育てママの化粧品