子供の才能の開発:仕事に取り組む態度を


● 子供は楽しく遊んでさえいればよいのか?

 今までの幼児教育論では“社会性を育てる”ということを、一番大切な事として考えてきました。専門家たちは、「子供同士で伸び伸びと遊ぶことが大切で、勉強は、小学校に入ってから始めればよい、あまり早くから勉強を開始すると、先に行って伸びる芽を摘まれてしまう」という意見でした。

 たしかに、親がやたらに文字を教えたがったり、数の勉強をさせたり、戸外で子供同士が泥だらけになって遊ぶことの意味を軽視しているような場合には、そのような警告が必要です。

 しかし、本当に、子供同士で楽しく遊んでさえすればよいのかというと、どうもそれだけではいけないのではないか、と考えられるようになってきました。

 小学校の子供たちの中には、休み時間だけはとても元気で、友だちと活発に遊んでいるけれども、授業中はすっかり元気をなくして、ぼんやりしている子供がいます。

 こういう子供の多くは、小学校入学前に、近所の子供たちと元気よく遊んだり、兄弟仲良く遊んでいた子供なのです。子供同士仲良く遊べることは、それなりに大切なことです。

スポンサードリンク

 しかし、家庭でそれだけで済ませてしまうと、一人で仕事に取り組むという態度が養われません。人と一緒になって騒ぐときは元気ですが、一人で物を作ったり、絵を描いたり、物を考えたりするということが苦手になってしまうのです。

 親が勉強の事ばかり考えている場合には、友達遊びによって子供の社会性を育てることにもっと力を入れる必要があるのですが、逆に、親が子供の勉強にいっさい無頓着である場合には、「一人で仕事に取り組む態度を育てることも大切ですよ」とご注意申し上げたいのです。

● どうすれば仕事に取り組み態度が養われるのか

 家庭の雰囲気作り
 一家だんらんも結構ですが、家族の一人ひとりが、なにか仕事に取り組む時間を持つように心がけることも必要です。ここで仕事といっている事の中には、遊びも含まれます。

 碁や将棋の研究でもよいし、CD鑑賞、読書、手芸などもおおいに結構です。とにかく、人と人との関係を離れて、一人ひとりが何かをする、という時間を持つように心がけてください。

 一人で出来る課題を与える
 もともと子供の発達のごく初期の段階は「一人遊び」の時期で、一人で何かをいじったりしていますが、ほかの子供と一緒に遊ぶことはできません。

 その後「平行遊び」といって、ほかの子供が何かをして遊んでいると、その遊びに一緒になって参加するというのではなく、そばで同じような遊びをしているという段階がきます。

スポンサードリンク

 そして、その次に子供同士が一緒になって、一つの遊びをするというようになるのです。この段階で、子供の中には、前の段階の遊びをすっかり忘れてしまう子もいます。人と一緒でなければ元気に遊べなくなるのです。

 そのためには、一人でも楽しく遊べるような課題を与えてやらなければなりませんし、また、子供が一人でなにかに熱中していることを、子供の成長にとって大切なことなのだ、と考えるようにしなければなりません。

 1歳半になれば、砂場でかなり長時間遊べます。積み木も出来ます。オルゴールつきの貯金箱のようなものも子供を一人で遊ばせてくれるおもちゃになります。

 鉛筆やはさみは2歳になれば与えてよいでしょう。パズルの類は、もともと一人遊びのために作られたものですし、最近では、ボタンを押すと、子供のボタンの押し方が正しかったかどうかを、音やランプで知らせてくれる教育玩具が、かなり売り出されているようです。

子育てママの化粧品