子供の才能の開発:話をよく聞いてやる


● 励ますのに効果的な”あいづち”

 子供がなにかに興味を感じて、それについて親に話をしたら、親はよく話を聞いて、ちゃんとあいづちをうってあげることです。

 小言だけは、まめに、あらゆる機会をとらえて、ぶつぶつとひっきりなしに言うのに、子供の話にあいづちを打つことは面倒くさがるお母さんがいます。

 ところが、人を励まそうとしたら、いちばん簡単で効果的なのはあいづちです。なにも「がんばれ」などと言わなくても「ふうん」 「そう」 「なるほど」と、親自身が興味を持っていることを、簡単なあいづちで知らせてあげるだけで、子供は変わっていくものです。

 <大事なことに”物惜しみ”するな>

● 浪費は創造活動の必要経費

 確かに無駄遣いの癖をつけない用心は必要です。けれども、節約もあまり行きすぎると、子供のやる気を抑えてしまいます。

スポンサードリンク

 たとえば、子供が切り紙に興味を持ち始めると、色紙の消費量はかなり目立つようになります。1日に、20枚くらいは簡単に使ってしまいます。子供のことですから、何枚切ってもどれも同じようで変わり映えしないということもあります。

 そのような時、親の目には、いかにも子供が無駄遣いをしているように映るものです。しかし、そういう時こそ、子供は作業に熱中しているのです。熱中している時に、それを抑えてしまって、1日5枚だけというような約束をしてしまっては、せっかくの子供の意欲を押し殺してしまうことになります。

 子供に作りたいだけ作らせても、使用枚数はたかが知れています。

 創造的な活動に伴う浪費は、靴が流行遅れになった、かばんの模様が気に入らない、新しいのを買ってくれ、などという注文とは別に考えたいものです。

● 文化的に貧しい生活は倹約の行き過ぎ

 私たち日本人は、長い間、倹約や節約をたいへん重要な美徳としてきました。けれども、倹約や節約が行き過ぎると、命を保っていくために必要なもの以外は、全部贅沢扱いされるようになって、文化的には、貧しい生活をする癖がついてしまいます。

 徳川時代に長い時間をかけて出来た習慣は、そう簡単に消えるものではないかもしれません。

 物惜しみの感覚が本末転倒し、アンバランスになっている事もあります。無理をして家の備品をそろえることはあまり非難しませんが、子供が高級な鉛筆を使うと、贅沢だといって非難します。

 子供の使う鉛筆や紙はザラザラでもよい、色紙はどうせ無駄遣いをするのだからと、水にぬれると色の落ちるような安物でもよいというのは、結局、子供の創造活動を軽く見ているのです。

 子供の創造活動を大切にしようと思ったら、必要なことにはお金をかけなくてはいけません。

子育てママの化粧品