子供の才能の開発:間違えた考え方


 <才能開発の妨げになるもの>

 「才能教育」という言葉が新鮮な魅力を持っているので、ややもすると才能というものがなにか特別なものと考えられがちです。そのためにせっかくの才能の開発が妨げられてしまったり、歪められたりしがちです。

● 生まれつき才能が備わっているという考え方

 2歳になったばかりの幼児が、テレビで覚えたコマーシャルソングを歌うのを聞いて、すぐこの子には音楽的才能があると考える母親。4歳の子供が古い時計を分解しているの見て、この子には科学的才能があると思い込む母親。そんな親が世の中にはよくいるものです。

 たしかに才能の中には、よく天才と言われた人たちの伝記にあるように、非常に早くから才能を表してくるものもありますが、むしろ大部分の才能は、環境からの刺激、本人の興味、基本的な技術の正しい訓練によってだんだんに作られていくものなのです。

● 才能を職種や教科の分類で区別する考え方

スポンサードリンク

 理科的とか文科的、あるいは芸術的とか科学的というような言葉で、幼児の何げない行動を批評することがあります。

 小学校の時代から国語、算数、理科、社会、音楽などをそれぞれ違った時間に教えられてきたので、それぞれの教科に対応する才能があると、素朴に考えがちですが、子供の才能は決して教科にしたがって分類できるものではありません。

 歌を歌う、絵を描くということは子供の好むことなので、かなり幼いときから歌ったり、描いたりします。このような時期に、よく絵を描くからこの子は画家にしようなどと思ったら、子供本人にとってもたいへん迷惑なことです。

 専門の科学者には科学者らしい考え方や生活態度があり、芸術家には芸術家独特の直感というものがあります。しかし、これらは長い間の訓練を経て、しだいに作られていったもので、決して、子供のときからはっきりした形であらわれてくるものではありません。

 化学的な才能とか、芸術家的な才能というのは、俗に考えられているほどはっきりしたものではありません。

 幼い子供の示すものは、さまざまな才能の基礎となるようなものであって、これに環境の刺激や本人の意欲や、訓練が加わって、はじめて才能としてのはっきりした形をとってくるようになるのです。

 親はひと口に、「○○の才能」と言い切ってしまいますが、幼児はそれよりもはるかに多くの“才能の芽生え”を持っていることに注意したいものです。

● 才能は教育によって自由に作られるという考え方

 才能は生まれつき持っているという考え方とは逆に、教育によって自由に作り出せるという考え方があります。

 才能が才能として具体的に実を結ぶためには、環境からの働きかけ、つまり教育が大切なことは、論を待たないところですから、この考え方はまったく誤っているとはいえません。

 しかし、ある一つの才能を伸ばすには、どのような方法で、どんな内容の教育をすればよいかという点になると、2,3の例のほかは、まだ研究が進んでいません。

スポンサードリンク

 才能に大きく影響するのは、親や教師が”なんとかこの子の才能を育ててやろう”という意識した教育ではなく、子供のまわりの人たちの日常の生活態度、雰囲気というようなもので、これが子供の自発的な意欲を呼び起こし、やる気を起こさせていくものと考えられます。

 また、赤ちゃんは”これからどんな色にでも染められる白紙の状態”で生まれてくるのではありません。持って生まれた素質という”ある程度の色合い”を持っているのですから、これをどうにでも変えられると思うのはいきすぎです。

 中途半端な知識や裏付けのない信念だけで、子供の才能を思うままに作りだそうとするのは、有害無益な結果になりがちです。

● 才能があれば人より早く抜きんでるという考え方

 幼稚園のころに歌を歌うのがうまいと、一生音楽的才能の恵まれていると考えたり、子供のときに機械いじりが好きだと科学者に向いているだろうと考えたりすることです。

 ところが実際の例に照らして見ても、子供のころ得意であったものを、そのまま自分の職業としている人は決して多くはありません。

 小学校時代の算数の成績がそれほどよくなかった人が数学者になったり、とくべつ絵のうまくなかった人が画家になることもしばしばです。

 出だしが快調でも長続きするとは限らない
 習い始めの頃の成績は、その子供の飲み込みの良さ、それまでに似たようなことをやっていたかどうか、それにとりついた時のその子供の態度はどうだったか、などによって大きく左右されます。

 しかし、かなり学習が進んでからは、このようなことはあまり重要ではなくなります。その代わり、それまでの学習によって身につけた技能を、その学問なり芸術なり仕事なりに、うまく結びつける能力がものをいってきます。

スポンサードリンク

 したがって、出だしが快調でも長続きしない場合と、はじめは目立たなくても、次第に力をつけていく場合とがあります。

 小学校から高校まで続いているある学校で、生徒の成績の変化を教科ごとに調べたところ、算数(数学)については、中学の時の成績と高校の時の成績との間の関係は、非常に高かかったのですが、小学校の時と高校の時の関係は決して高くはなかったのです。

 つまり、小学校の時に算数がよく出来たものが、高校の数学の成績が良いとは決して言えないのです。国語とか社会についても同様でした。

 幼稚園や小学校の低学年の頃によく出来たからといって決して安心はできません。また、出来なかったからと言って、それほど心配することもないのです。

子育てママの化粧品