赤ちゃんの世話-入浴

 赤ちゃんは大変な汗かきです。また、尿や便でお尻などが汚れやすいのです。そのため、この汚れた皮膚を清潔にしてあげる、ということが入浴の第一の目的になります。

 入浴すると、赤ちゃんは身体じゅうの疲れが取れ、こころよい眠りをします。睡眠薬の働きをするのです。よく眠ると身体が休まり、翌日は元気が出て、活発に動く、食欲も出る、というように、良い意味での循環がおこってきます。赤ちゃんの生活リズムが確かなものになってきますと、親もたいへん助かります。

 赤ちゃんは、みんな清潔にされることを好み、入浴が好きなものです。ところが、中には入浴の嫌いな赤ちゃんがいます。こんな赤ちゃんをよく調べてみますと、40度以上の熱いお湯に入れられて、いやな経験をしていることが多いのです。

 お母さんのちょっとした不注意で、赤ちゃんから入浴の楽しみを奪ってしまうことのないよう、くれぐれも注意して下さい。

スポンサードリンク

 <入浴の時間>

● できるだけ夕方にする
 できるだけ夕方にしてください。2時ぐらいが適当だといわれていますが、これは寒い季節で、できるだけ暖かい時間のうちに入浴を済ませよう、という配慮からきたものでしょう。

 しかし、暑い季節はもちろんのこと、冬でも、室温を20度ぐらいにあげれば、べつに夕方でもかまわないのです。夕方から夜にかけて入浴させることには、いろいろのすぐれた点があげられます。

● 赤ちゃんの生活リズムを考えて
 なんといっても、夜間に赤ちゃんがよく眠れる、ということがあげられます。生後1か月ぐらいまでは、おむつを取り替えるとき以外は、ほとんど眠ってばかりいます。しかし、1カ月を過ぎるとだんだん目を覚ましている時間が長くなってきます。

 ところが、午後の早い時間に入浴を済ませてしまいますと、今度は夜になってから、なかなか眠ってくれなくなります。つまり、赤ちゃんの生活リズムが狂ってくるのです。こうなりますと、大人の生活にまで影響してきます。

● 父親にも手伝ってもらえる時間に
 もうひとつ見逃すことができないのは、お父さんにも手伝ってもらえる、ということです。赤ちゃんの生活世話といえば、なんでもお母さんまかせでは困ります。

 入浴ぐらいは父親の役割と決めて、お父さんにも、積極的に育児に参加してもらいましょう。肌と肌の触れ合いが生じ、父性愛の育つ良い機会にもなるのです。

● 赤ちゃん専用のバスを使う
 1か月くらいまでの赤ちゃんの入浴には特に注意が必要です。生まれたばかりで、皮膚の刺激やばい菌にたいしての抵抗力が弱いですし、それ以上にへその緒が取れたばかりで、おへそがまだやわらかく、ばい菌が入りやすい状態です。したがって、入浴は大人とは別にして、ベビーバスを使います。

スポンサードリンク

● 沐浴剤を使うときの注意
 赤ちゃんの入浴には、石けんを使うほかに、沐浴剤を使う方法もあります。この沐浴剤は、皮膚を傷めることはありませんが、湿疹のできやすい赤ちゃんには使わないほうがいいでしょう。皮膚の弱い赤ちゃんみんなに使えないというわけではありませんが、その中のかなりの赤ちゃんの皮膚が赤くなります。

● 入浴は5分ぐらいが適当
 入浴を5分ぐらいが適当です。10分以上いれていますと、赤ちゃんは疲れてしまいます。お風呂に酔ってしまうのです。かわいそうに、ぐったりして食欲もなくなります。せっかく飲んだミルクも吐いてしまうことさえあります。ですから、よく温めてあげたいときでも、10分以内にとどめておきます。

 寒い季節には、入浴中にお湯がぬるくなりますので、一度さし湯をします。さし湯の温度は38~39度くらいがよいでしょう。

● 毎日1回はお風呂に入れる 赤ちゃんのお肌を乾燥から守る!
 赤ちゃんはお風呂が大好きです。お母さんによっては、2日に一度入浴させるという人もいますが、健康な赤ちゃんにとって、入浴はとても楽しい時間です。赤ちゃんの楽しみを奪わないように、1日1回はお風呂に入れてあげてください。

 入浴は体力の消耗が大きいので、未熟児で生まれた赤ちゃんのばあいは、退院してから1か月ぐらいまでは、2日に1回ぐらいが適当でしょう。

スポンサードリンク