成長、育児、問題点

生後4ヶ月~7ヶ月までの育児生後8ヶ月~1歳までの育児1歳~2歳までの育児3歳~5歳の育児

 赤ちゃん誕生~3ヶ月までの育児

 0か月目の育児
 からだと心の発達
●ほとんど眠ってばかりいる。1日に睡眠は20時間くらい
●目は強い光に反応するが形も色もわからない
●耳もだんだん聞こえるようになる
●体重は1日に30~40㌘増える
●生後1週間ぐらいで皮膚がむける
●モロー反射が多くみられる
●へその緒の残りは1週間ぐらいでとれる

 あらわれやすい問題
●体重が一時的に減少するが心配ない
●生後3~4日ごろから黄疸があらわれるが、1週間ぐらいで消える
●まっ白い便は胆道が詰まっている恐れがある
●長引く黄疸は意志にみてもらう

 育てかたの目標
●へその緒が取れたあとの手当てを忘れずに行う
●入浴は毎日1回行なう
●保温に注意する。ただしあたためすぎないように
●このころのかぜは重症になる
●ベッドはやや硬めのものを。やわらかすぎると背骨の発育に影響する
●簡単に人工栄養に切り替えない

スポンサードリンク

 1か月目の育児
 からだと心の発達
●一生のうちで最も体重増加の激しい時期、1日で40㌘も増える
●動くものを目で追う
●耳が聞こえ、音楽などを聞くと泣きやむ この月齢の終わりごろには「ウックン ウックン」と声を出す
●よだれかけなどをしゃぶる
●あおむけに寝ながら周囲を見回す
●あやすと笑う

 あらわれやすい問題
●片側だけを向きがちだが、3~4か月ごろには自然になおる
●頭のいびつは心配ない
●赤あざ、黒あざ、青あざなどが出てくる。青あざは2~3歳ごろまで消えるが、黒あざは消えない。赤あざは消えるものと消えないものがある

 育てかたの目標
●外に出るとよろこぶので、外気浴
●日光浴をそろそろ始める
●1カ月検診を忘れずに
●衣類は大人よりも1枚うすめに
●汗かきになるのであせもに注意
●入浴は夜に
●湿疹の手あては慎重に

 2か月目の育児
 からだと心の発達
●2㌔ぐらいは体重が増えている
●目に手を近づけるとまばたきをする
●目がはっきり見えてくる
●腹ばいにすると、しばらく首を持ち上げる
●手を口に持って行って、指しゃぶりの前段階がはじまる
●物をつかもうとして手を動かす
●周囲にたいする関心がたかまる
●知らないうちにからだの位置を変えている

 あらわれやすい問題
●混合栄養の赤ちゃんにミルク嫌いが多くなる
●食欲が落ちることもあるが、無理強いはしないように
●抱き癖がついて、こまることが多い。ひまにまかせて抱くことはつつしむ

 育てかたの目標
●これまでやってきた育て方をよく守って、積極的に育児に取り組む
●そろそろ果汁や野菜スープなどを与え、いろいろな味やスプーンで飲むことにならしていく
●外気浴や日光浴をすすめる。お腹から上の日光浴の忘れずに

スポンサードリンク

 3か月目の育児
 からだと心の発達
●まるまると太った体つきになり、体重は生まれたときの2倍近くになる
●周囲にたいする関心がいっそう強くなる
●あやされるとよく笑う
●手に触れたものをつかむ
●腹ばいにさせると頭を持ち上げる

 あらわれやすい問題
●3か月疝痛といって、夕方になると激しく泣く赤ちゃんが出てくる。神経質で太りにくい子に多く、散歩不足などの欲求不満のあらわれ
●太りにくい赤ちゃんは、遺伝のせいか発育が悪いためかを医師に確かめる

 育てかたの目標
●3カ月検診を受ける。先天性股関節脱臼や知能の遅れを見つけやすい時期
●散歩、日光浴、入浴は毎日行なう
●百日ぜき、ジフテリア、BCGなどの予防接種を受ける。春と秋にはポリオの予防接種もあるので忘れずに
●離乳食の準備として、野菜スープなどを本格的に与え始める