3歳~5歳の育児

 3歳の育児

 からだと心の発達
● やせ型の子どもらしいからだつきになり、筋肉がしまってくる
● 自分で考え、行動するたくましさが芽生える
● 三輪車を乗りこなす
● 足を交互にして階段を上り下りする
● 片足立ちができる
● 手先が器用になり、ハサミを使ったり、折り紙の二つ折りができる
● クレヨンで○と□が書ける
● 3歳半過ぎには数が4つくらいまでわかる
● 友達遊び、とくにごっこ遊びがさかん
● 長いお話ができる
● 洋服の着脱ができるようになる
● はしを使って食べられる
● 夜のおもらしをしなくなる
● 質問が多くなる

 育てかたの目標
● 3歳児健診を受ける
● 虫歯の予防と治療を
● 自立へのしつけが大切
● 運動が活発になるので、積極的にやらせ、体力をつける
● 夏には昼寝をさせる
● そろそろ幼稚園、保育所を考える
● いろいろのしつけをとおして、生活習慣の自立をはかる
● かずは、積み木などを使って、遊びのなかで楽しく覚えさせる

スポンサードリンク

 4歳の育児

 からだと心の発達
● 階段を2~3段跳び下りたり1㍍位の高いところをとび下りる
● 片足跳びやスキップなどができる
● 2~3㌔は歩ける
● 洗顔とか歯磨き、うがいなどが上手にできる
● 遊びのあと片づけをし、きまりや約束が守れるようになる
● 思ったものを絵にしたり、ハサミ、のりなどを使って工作をする
● お風呂で少しからだが洗える
● 想像力がさかんになりおしゃべりになる
● 「なぜ」「どうして」といった質問がさかんになる
● 過去の出来事をおぼえている
● 排便の始末が自分でできる

 育てかたの目標
● 友達遊び、戸外での遊びを励行する。社会性を育てるうえで大切
● 自分のことは自分でさせる
● 文字や数は聞きはじめたら教える。無理に教え込まないこと
● おしゃべりは、うるさがらずに聞いてあげる
● 子どもとの約束は必ず守る
● 物を作る喜びを教える
● ほめる、しかるは慎重に

スポンサードリンク

 5歳の育児

 からだと心の発達
● 心身ともつり合いが取れ安定する
● 基本的な生活習慣がよくできるようになる
● 字や数字に興味が出て、はやい子だと読んだり書いたりする
● 幼児語がなくなり、要領よく話ができる
● 運動機能が発達し、簡単なスポーツができる
● 友達と協力したり集団のルールが守れる
● 自我をおさえる能力が増し、泣きたい気持ちを我慢できる
● 家族の一員としてお手伝いができる
● 恐れの対象が現実的なものになってくる

 育てかたの目標
● 入学の準備をする。健康診断と予防接種(3種混合ワクチン、種痘、ツベリクリン反応)を忘れずに、自分の名前ぐらいは読めるようにしておく
● 入学にあたって心の準備も。落ち着きのない子、聞きわけのない子のしつけは慎重に
● からだをきたえる。戸外での遊び、乾布摩擦、冷水摩擦をさせる
● 質問されても、わからないことは分からないとはっきり言う。友だちとのつながりを深めさせ集団生活に慣れさせる