生後4ヶ月~7ヶ月までの育児

 生後4ヶ月目の育児

 からだと心の発達
●太った子と痩せた子の差がはっきりしてくる
●首がすわる
●あやすと声を出して笑い、人との接触を求めるようになる
●手に触れるものは何でもつかむ
●色の区別が少しわかる
●喜び、いかりなどの表情が少しわかる
●よだれが多くなる
●体重の増加するテンポがやや落ち、1日20㌘に達しない子も多い

 あらわれやすい問題
●ミルク嫌いが増える
●抜け毛が増えるが生理的なもの
●頭の骨がやわらかくなる子もいるが心配ない。まれには“クル病”のこともあるので健診のときによく見てもらう

 育てかたの目標
●果汁や野菜スープをよく飲むようならそろそろ離乳にとりかかる
●先月やり残した予防接種を受ける
●ベビードレスは卒業して、ズボンなど動きやすい服装に。寝るときはパジャマに着替えさせる
●理髪はまだ早い。柔らかい肌を傷つける

スポンサードリンク

 生後5ヶ月目の育児

 からだと心の発達
●2つのものを両手でつかめるようになる
●積極的に自分から物に手を出して取ろうとする
●目の前で手を動かすとまばたきをする
●「イナイイナイバー」が大好き
●ひざの上でピョンピョンする
●顔にかぶせられた布を手で取り払おうとする
●親指はまだ動かず、4本の指と手のひらで物をにぎっている

 あらわれやすい問題
●そろそろ風邪をひきやすくなる
●突発性発疹がおこるようになる
●食欲不振がおこるが、むらがあるので無理強いしない

 育てかたの目標
●離乳を始める。この時期は食品にならすのが目的
●予防接種をすすめる


 生後6~7ヶ月の育児

 からだと心の発達
●歯が生えはじめる子が多い。しかし、個人差があってお誕生頃まで生えない子もいる
●運動が活発になり、6か月で寝返り、7か月で一人座りのできる子が多くなる
●ベッド以外の生活に興味を持ち、動きが激しくなる
●人見知りがはじまる
●持っているおもちゃをとると泣きだすなど、自我と感情の発達が目覚ましい
●人真似がうまくなり、知恵がぐんとついてくる
●下あごの前歯が2本生えてくる(赤ちゃんの40%ぐらい)
●腹ばいにさせると首を持ち上げて、おもちゃに手を出す
●持ているものをもちかえる

スポンサードリンク

 あらわれやすい問題
●夜泣きが急に増える
●病気にかかりやすくなる
●離乳食に好き嫌いが出てくる
●6か月ごろ、急に熱を出し、1日ぐらいで下がることがある。知恵熱などといわれているが、軽い風邪であることが多い

 育てかたの目標
●運動機能や情緒の発達が目覚ましいので散歩や遊び、乗り物や動物を見せるなど、世の中のいろいろの刺激にならしていく
●ひまにまかせて相手をしないように。依頼心の強い子どもになる
●離乳食は2回食ぐらい。つぶのあるものを交えて
●種痘はこの時期から