幼稚園と保育所;家庭教育の機能


● 幼稚園では出来ない教育がある

 家庭には家庭の機能があります。幼稚園は一般的な教育をするのに対して、家庭は独自性をもった教育ができます。言い換えれば、それぞれの家庭には、それぞれの理想があり、生き方があるのだと思います。

 そうした“人間の生き方”を伝承し、親子ともども時代に応じた“生き方”を作り上げていくところです。

 親が子に伝えたいもの、親と子でつくり上げていきたいものがあるはずです。そうしたものを明確にして信念を持って生きて行くことが、家庭の基本になると思います。生活の根源をなす家庭は、肉体的にも精神的にも“人間として生きる”を教え伝える場です。

 例えば、食べる、寝る、排泄する、身のまわりの始末をするなど、衣食住に関する基本を躾けることは、家庭の役割でしょう。そして、それらの基礎は3歳までの親子の肌の触れ合いの中で育てられます。

● 家庭は社会の縮図であり、愛情の泉である

 母親ほど、子供に愛情を注ぎ、同時に子供に厳しい存在は他にあるでしょうか。家庭は本能的な愛情はもちろん、厳しい善悪の判断を教えられる場でもあります。

スポンサードリンク

 また、親子関係、兄弟関係は、年齢の差、男女の差を含んでいて、それはそのまま社会の縮図なのです。この中で子供は愛と善悪の判断を学びます。これは幼稚園には求むべきもないことです。

● 家庭は情緒の安定の場でもある

 幼児に何よりも大切なことは、家庭が情緒の安定の場であることです。よく見かけることですが、弟妹が生まれたことにより、情緒が不安定になることがあります。

 今まで家庭の寵児であった自分が、弟妹が生まれたことによって両親の関心がそちらへ向けられ、自分は疎外されたと感じてしまいます。そして、その情緒の不安定さを、幼稚園においてはけ口を求めるような場合があるのです。そうした当たり前の変化が、幼児にとって大きなショックとなるのです。

 家庭では、このようなことは案外見過ごしてしまいますが、幼児にとっては大きな問題なのです。家庭がはたして、本当の意味の憩いの場であるかどうか、今一度考えてみる必要があるのではないでしょうか。

● 親の生活のしかたそのものが教育

 子供は、親の行動、さりげない話をよく見、聞き、そして模倣して育ちます。考えれば怖いことです。親は厳しい立場に置かれています。生活の仕方そのものが教育であるわけです。子供を責める前に、親自身が反省してみる必要があると思います。

● 家庭・幼稚園・社会の連係プレーを

 最後に私が言いたいのは、これからの世の中を生き抜く子供をつくるには、幼児をめぐる教育の場─家庭・幼稚園・社会─が協力して、なにを善として選び、なにを悪として退けるかの取捨選択の能力を子供の身につけさせたいということです。

子育てママの化粧品