幼稚園と保育所;小学校入学-必要な用品


 入学に必要な用品は、地区や学校によってもかなりの違いがあります。地域によっては、ランドセルさえ不要にしているところもあるくらいですから、ここでリストアップしてもあまり役に立たないと思います。

 いずれにしても、入学に必要な用品については、入学式以前に行なわれる“1日入学”のおりに説明があるはずです。各個人で購入しなければならないもの、学校でまとめて購入するものと、分けて説明がなされると思います。それを待って購入するようにしましょう。指定以外のものを購入してしまうという無駄はさけたいものです。

 入学後の生活の変化

● 疲労と欲求不満が出る

 誰しも、新しい環境に入ったときは気疲れがするものです。子供とて同じことが言えます。表面的には張り切って元気なようでも、疲労度は予想以上のものです。この疲労は、親に気づかれないまま、子供の中に蓄積されていきます。

 そしてそれは、4月後半から5、6月にかけたある段階で一度に出ることもあります。つまり、入学疲れというものです。休息、睡眠、栄養にじゅうぶん気をつけてあげなければなりません。

スポンサードリンク

 また、入学した子供たちは、それまでの園生活や家庭での生活と違い、かなり規則正しい生活を強いられます。とくに学校生活は時間によって区切られ、ある意味では、個人の自由がかなり束縛されます。

 時間と集団によって個人の生活がかなり拘束されるわけです。そうなると子供たちは、ある種の欲求不満(フラストレーション)が出てきます。

 入学する以前はとても素直だった子供が、急に親に対して口答えをしたり、弟や妹にあたり散らしたりするようにもなります。しかし、これは一時的のもので心配するにはおよびません。間もなく子供は、その学校生活にも慣れて、そのような行為をしなくなります。

● 友人関係もかわる

 第三の特徴は、入学以前の友人関係が変わっていくということです。幼稚園時代に大の仲良しだった友達と急に遊ばなくなったりするので、親のほうでは「何かあったのではないか」と心配もしたくなりますが、決してそうではありません。

 新しい友だちができたことによって、それまでの友だちとも交流が、一時お留守になっただけです。子供は新しい集団で、新しい友だちを得ているのです。

 「○○ちゃんとどうして遊ばないの?」としつこく聞いたり、注意したりするものではありません。子供は子供なりに、新しい世界で精いっぱい生きており、小さな開拓を続けているのですから。

 この小さな開拓者に、私たち親は、たえず温かい励ましの声援を送るように心がけなければなりません。大人の常識で、子供の足を引っ張るようなことはやめ、わが子を信じて、小学校生活に旅立たせてあげましょう。

子育てママの化粧品