幼稚園と保育所;小学校入学前-健康診断


 「学校保健法」とい法律があって、小学校に入学する前に「就学時健康診断」を受けることが決められています。市区町村の教育委員会から健診の日時場所の通知が来ることになっていますから、その日に出向いて健診を受けておきます。

 ただ限られた時間に、大勢の子供が検診を受けますから、どうしても行き届かない場合もあります。ですから、入学という機会に、一度総合的な検診を受けておくということも必要でしょう。

 健康状態の調べ方

 さしあたって、保健所とか総合病院へ行って検診をしてもらうという必要がなければ、とりあえず次の諸点についてお母さんの目で調べておきます。そして多少でも“おかしい”と思えるふしがあれば、専門医に診てもらうようにしたいものです。

● 耳鼻科の分野について

・ ふだん“鼻づまり”をしないか
・ “青ばな”を出すようなことはないか
・ 風邪をひいていないのに頭痛を訴えたり小鼻にしわを寄せてしかめっ面をするようなことがないか
・ 耳あかはよくとってあるか。耳あかにひどい湿りはないか

スポンサードリンク

● 歯科の分野について

・ 虫歯が放置されていないか
・ 乳歯と永久歯の交代がスムーズにいっているか(この時期は、乳・永久歯の交代のはじまる時期なので、とくに注意が必要。放置すると歯列を中心に異常をまねく恐れがある)

● 眼科の分野について

・ 目やにがひどくないか
・ 物を見るとき、目を細くしたり、しかめっ面をしないか

● その他の分野について

・ たむし、しらくもなど皮膚病はないか
・ 皮膚の色つや、つめの色はどうか
・ 手、足、首など、正常によく曲がるか、からだがかたくないかどうか

 だいたい以上のような観点で、一通り調べる程度でよいと思います。それでもなお不安であれば、近くの医師に診てもらうようにすべきでしょう。

 入学前に治しておきたい病気

 前述した観点で調べてみて、多少でも異常を感じたら、専門医の検診と治療を受けることはもちろんです。とくに耳鼻科、眼科にかかわる慢性的な病気は、長期治療が必要です。

 通学するようになってからでは、通院しにくくなるばかりでなく、これらの病気は、かなり学習意欲や学習態度にも影響があるので、徹底的な治療と完治が望まれます。

 この他なおしておきたい物として考えられるのは、心臓病やぜんそくをはじめ、自家中毒症、扁桃炎、アデノイドなどがあります。

 完治することが出来なかった場合は、入学後学校から調査される「個人及び家庭環境調査」に、その旨きちんと書いておくようにしましょう。学校ではなかなかそこまでは手が届きません。

 担任教師は、学校内では子供の生命を預かる立場にありますから、お母さんは、身体的な異常やその処理について、できるだけ詳しく報告し、連絡をしておくのが、義務であり責任だということを忘れないでください。

子育てママの化粧品