幼稚園と保育所;小学校入学-早生まれの子


 いわゆる“早生まれの子”がいます。4、5月生まれの子供と比べて、心身ともに遅れが目立つのが普通です。あるいは何かの事情で、幼稚園にも保育園にも行かなかった子供がいます。1年ないし2年間の園生活をした子供に比べると、集団生活の仕方などで、いくらかの見劣りを感じますが、これは当然のことです。

● 集団生活での遅れは1学期だけ

 ところが、早生まれの子供や園生活をしていない子供の親は、入学の日が近づくにつれて、他のことのハンデキャップを必要以上に意識し、「みんなについていけるだろうか」「みんなの中に入っていけるだろうか」といろいろ心配します。

 たしかに入学当初は、園での集団生活の経験をしたものと、そうでない子供の違いは見られます。つまり、新しい集団への溶け込み方は、園生活の経験者のほうがスムースです。

 しかし、10日もするともう、その差異は表面的には見られなくなってしまいます、案ずるほどのものではありません。ただ、グループで一つの行動をするとか、みんなで話し合うとかいう点になると、集団生活の経験者とそうでないものの差異は、しばらく残っていくようです。

 しかしこれとても、2~3ヶ月もしないうちに、ほとんど地ならしができています。慌てたり、焦ったりする必要は全くありません。

スポンサードリンク

● 早生まれの子の遅れは1年生後半まで

 早生まれの子供の問題についても、同じことが言えます。確かにこの時期の段階では、早生まれの子とそうでない子の力の差は大きいようです。

 この年齢段階での5ヶ月の開きは、10歳前後の1歳の開き、20歳前後の2~3歳の開きに匹敵するほどのものです。従って心配になるのは当然のことと思います。

 生活年齢の開きによる力の差をなくするための、速効指導はありません。周りがどれだけ焦ってもどうにもなりません。しかし、この力の開きは永久不変のものではなく、だんだんと接近し、やがては生活年齢による力の開きはなくなり、知能(精神年齢)による違いが出てくるようになります。

 早生まれの子もそうでない子も、同時に迎え入れる小学校の教師は、そのことを百も承知しています。従って入学当初からしばらくは、早生まれの子供が、無理なく集団生活や学習活動に取り組むことができるように配慮します。

 そしてだんだんとその力の開きを接近させ、1年生の後半には、ほとんど両者の開きを感じさせないように指導の効果をあげていくはずです。

 いずれにしても、親の心配や焦りは、子供に敏感に影響してきます。そして、親の配慮や願いとは逆に、いつかその子は、劣等感を持つようにならないとも限りません。よくよくの注意が大切です。

 通学路と交通安全の指導

 入学前に文字や数の指導をしたり、入学してからの成績を気にしたりする親がいます。私は「そんな暇があったら通学路を歩く練習でもさせなさい」と言いたいのです。 子育てママの化粧品

スポンサードリンク

 就学前、すなわち幼稚園や保育園に通園していた時代は、“子供の一人歩き”ということはまずなかったはずです。親が付き添うか、通園バスによる送迎であったはずです。

 ところが小学校に入学すると、一人で登下校ということになります。まさに大きな飛躍と言わなければなりません。子供の力がそれに対応できるように、一度に飛躍しているのなら問題はないのですが、子供の力は幼稚園時代とほとんど変わらないわけです。

 子どもを交通事故から守るための対策は、だんだんと努力されてきていますが、まだまだ不十分と言わなければなりません。いつわが子に交通事故が襲ってくるかわかりません。

 文字や数の指導をする暇があったら、子供と一緒に定められた通学路を実際に歩き、道順や注意しなければならない箇所を確認させたり、横断歩道の渡り方や道路歩行のルールなど、明確に指導するようにしていきたいものです。

 入学前の指導で、あんがい忘れられているのがこの問題ですから、必ずやっておくようにしましょう。

子育てママの化粧品