授乳の注意

● 授乳の前は手と乳首を清潔に
① 授乳の前は必ず手を洗う。

② 乳房と乳首を、煮沸した角綿(5㌢角に切った脱脂綿を5分ほど煮沸消毒し、水気を切ってふたつの容器に入れておく)か、消毒したガーゼを熱湯で濡らしたものでふいて清潔にする。

● 飲ませるときの注意
① 赤ちゃんを軽く斜めに抱き、片手で支える。

② 片方の手で乳首の外側をおさえ、乳房が赤ちゃんの鼻をふさがないように気をつける。

③ 母親も赤ちゃんも、のびのびと、楽な姿勢であることが大切。

● 授乳は静かなところで
① 授乳の場所は、静かなところを選ぶ。

② 授乳中はテレビを見たり、他の人と雑談しない。赤ちゃんの気を散らすと飲み方が悪くなる。

スポンサードリンク

● 添い乳はやめる
① 新生児のほかは、添い寝の授乳をやめる。

② 母親が疲れて寝込んだとき、赤ちゃんを乳房で窒息させるおそれもあるから注意する。


 授乳の方法

● じょうずな飲ませ方
① 飲ませるときは、乳首だけでなく、乳輪(乳首のまわりの茶色の部分)まで、赤ちゃんの口に含ませる。

② 片方の乳房が空になってから、もう一つの乳房を吸わせる。その次の授乳の時には、この順序を逆にする。
③ 飲み残したら、しぼって乳を出して、乳房を空にしておくこと。

● 排気(ゲップ)を忘れずに
① 赤ちゃんは、乳といっしょに空気を飲み込んでしまうので、授乳のあとは必ずゲップをさせる。

② ゲップをさせないですぐ寝かせたり動かしたりすると、ゲップといっしょに乳を吐いてしまう(溢乳)。


 新生児期以後の授乳

スポンサードリンク

● ゲップのさせ方
① 授乳が終わったら、赤ちゃんを少し前かがみにして、ひざの上に横抱きにする。

② 赤ちゃんの頭が母親の肩先にくる高さで、寄りかからせるようにして、立てて抱いてもよい。

③ 背中を軽くたたくか、なでてやるとゲップが出る。

④ 1度でやめず、2~3度出させる。

⑤ 乳をもどしやすい赤ちゃんは、授乳の途中に一度ゲップをさせるとよい。

● 直接授乳できないとき
・ 吸う力の弱い赤ちゃん(未熟児などの場合)。

・ 母親が感染症のかぜを引いたとき。

・ 母親の都合で、授乳時間に飲ませられないときなど。

 以上のような場合は、消毒した容器にしぼり、ほ乳びんで飲ませる。ただし、しぼってから30分以内に飲ませること。