母乳栄養

 新生児の授乳

● 初めての授乳
① 産後12時間くらいのときに、はじめてのお乳を飲ませてよい。

② 赤ちゃんの口に乳首を近づけて、吸いつくようなら飲ませる。

● 新生児には根気よく吸わせる
① はじめは母乳の出方が悪く、母親の飲ませ方、赤ちゃんの吸いつきかたも下手で、なかなかうまくいかない。

② 乳の出方をよくするためには、乳房を刺激したほうがよいので、つとめて吸わせるようにする。

③ 産後1週間くらいは、少し出方が悪くても母乳だけにして、あせって調乳を与えたりしない。

スポンサードリンク

● 母乳不足の発熱は心配ない
① 母乳の出方が悪いために渇熱といって、赤ちゃんが水分不足のために、熱を出すとことがある。

② そのときは、湯ざましが砂糖水(湯ざまし100ccに小さじ1杯の砂糖を入れたもの)をじゅうぶん飲ませれば熱は下がる。

● 新生児期は自律授乳で
① 新生児のころは、自律授乳といって赤ちゃんが欲しがるときに、母乳を飲ませてよい。

② ふつうは2~3時間おきに飲ます。

● 初乳は必ず飲ませる
① 出産してから4日目ころまでの母乳を、初乳という。

② 黄色みをおび、粘り気がある。

③ 出る量は少ない。

④ タンパク質、ミネラル、ビタミンAが多く、免疫体も含まれている。

⑤ 数日たつと、初乳はしだいに白くなり、タンパク質、脂肪が減って、乳糖が増える。これを成熟乳という。

⑥ 乳の量は、1週間くらいたつと急に増えてくる。

 新生児期以後の授乳

● 授乳回数は1日5~6回に
① 母乳がよく出て、赤ちゃんの健康状態がよければ、赤ちゃんが欲しがるときに飲ませていても、生後1か月ころまでには、授乳時間と回数がだいたい決まってくる。

② 授乳回数は1日に5~6回、3~4時間おきがふつう。

③ 授乳はなるべく規則的にしたいが、多少の時間のずれはかまわない。

スポンサードリンク

● 夜間授乳は3カ月まで
① 生後1~2か月は、赤ちゃんも要求するし、乳腺を刺激して、乳の出をよくするためにも、夜間授乳してもよい。

② 眠っているのを、起こしてまで飲ませる必要はない。

③ 3カ月以後はできるだけやめたい。

④ 時期が遅くなればなるほど、やめさせるのがむずかしい。

● 授乳は15~20分で切り上げる
① 赤ちゃんは最初の5分で全体の約60%、次の5分で30%、あとの時間はほとんど飲んでいない。

② 長時間乳房を吸わせていても、乳をたくさん飲むわけではない。