乳児の栄養;調乳の方法


 牛乳や乳製品に、砂糖や穀粉など添加物を加えて水で薄め、消毒して、赤ちゃんに与えられるような乳を作ることを調乳といいます。

 牛乳にしろ粉乳にしろ調乳のさいの大切なことは、清潔な操作と正確な計量です。

● 基本的な心構え

 牛乳は、10度前後の冷蔵庫に保存すると、細菌が増殖しないので、1日分をまとめて調乳しておくことができます。

 しかし、実際には工場から販売店を経て家庭に配達される間に、この条件は十分に守られてはいません。従って牛乳で育てる場合は、もう一度煮沸消毒しなければいけません。このさい、調乳器具の消毒もします。

 粉乳は管を開けてから日があまり経たない間は、煮沸消毒の必要はありません。煮沸しますと、ビタミンが破壊されるなど、せっかくの粉乳の特徴がなくなります。従って調乳器具だけを煮沸消毒すればよいのです。

 ただし、開缶後、日が経ちますと、変質し消化不良を起こしますので10日以内に使ってしまわなければなりません。哺乳量の少ない月齢では、小さい缶の粉乳を選び、また変質を防ぐために、開缶後はなるべく乾燥した冷たいところに保存するようにします。粉乳の調乳は、授乳直前に1回分だけとしましょう。

スポンサードリンク

● 牛乳を用いる調乳の順序

・ 必要なだけの糖・α化穀粉・水を鍋に入れ、よくかき混ぜて溶かします。溶けにくい場合は火にかけます。溶けたらこれに牛乳を加えてよく混ぜましょう。1回量ずつロートを用いて哺乳ビンに入れ、哺乳ビンの口を硫酸紙でおおって輪ゴムでとめます。プラスチックのキャップのついた哺乳ビンは、これをゆるく締めておきます。

・ 次に蒸し器に哺乳ビンを入れ、ビンの半分くらいの高さまで水を入れて蓋をし、沸騰させてから火を弱くし、15分間煮沸します。火を止めたら、そのままで冷まします。キャップのついた哺乳ビンでは、冷めた後これをきつく締めます。冷めたら温度が10度以下の冷蔵庫に保存します。

・ 使用に際して哺乳ビンを取り出し、酒の燗をつけるときの要領で湯につけ、体温程度に温めます。ビン口の紙ぶたを取りのぞき、これに、乳首入れに保存していた消毒済みの乳首をつけます。ビンをよく振ってから、前腕の手のひらが側に1~2滴落として見て、暖かく感じる程度(38度ぐらい)で授乳します。

子育てママの化粧品