乳児の栄養;スキンシップを考える


 成長する子供にとって、親と皮膚を接触することがどうしても必要だということから、スキン(皮膚)シップという言葉が生まれました。

● 授乳で得られるスキンシップ

 母親に抱かれた乳児は、母親の肌のぬくもりを自分の肌で感じ、母親の心臓の鼓動を身体で感じ取ることによって、たいへん安らかな気持ちになります。

 乳児にとって、親子の肌が触れ合う機会が最も多いのは、なんといっても授乳の時間でしょう。特に母乳栄養は、栄養面だけでなくスキンシップを高めるうえでも優れており、母乳が出ないからといって、安易に人工栄養に切り替えることのないようにしなければなりません。

● 大切な「おんぶ」と「抱っこ」

 スキンシップは、なにも授乳の時だけ得られるものではありません。おんぶや抱っこも、授乳に劣らず優れた効果を持っているのです。

 ところが、最近の若い母親は、格好が悪いからといって、伝統的な育児法の一つであるおんぶをあまりしたがりません。また、抱き癖がつくからといって、抱っこをする機会も減っているようです。

スポンサードリンク

 しかし、おんぶや抱っこが赤ちゃんの心の栄養となることを考えると、母親の我が儘だけで、赤ちゃんの本能的な欲求ともいえるこれらの楽しみを奪うことは、赤ちゃんの伸びようとする芽を、母親自身の手で摘み取っているようなものです。

 おんぶや抱っこの方法、効果などをよく学んで、正しい育児を行なって頂きたいと思います。

● スキンシップの足りない子

 格好が悪い、悪い癖をつける、独立心をつけるためとか言って、スキンシップの少ない育て方をしていると、子供の心にいろいろなひずみが表れてきます。
 
 落ち着きがなくなったり、怒りっぽくなったり、薄汚れたぬいぐるみがないと眠れないといった様子が見られるようになります。

 こうした、乳児期の心のひずみが、幼児期の後半まで持ち越され、幼稚園の先生にベタベタくっついたりします。

 こうなると、抱き癖よりも問題になります。見かけの上では独立心がついたように見えることがあっても、本質はその逆なのです。

● スキンシップを表すには

 スキンシップは、抱いたり、おぶったり、頬ずりしたり、肩をたたいたり、抱きしめたり、いろいろな表し方があります。

 子供が小学生になってからでも、スキンシップは大切ですから、乳児期だけでなく、幼児期から学童期に至るまで、出来るだけ子供と接触するようにして下さい。

子育てママの化粧品