乳児の栄養;母乳不足


 母乳で赤ちゃんを育てようと努力しても、母乳が不足して、人工栄養や混合栄養に切り替えなければならないことがあります。

 母乳不足の断定は慎重に行なわなければなりませんが、もし、不足だとはっきり分かった時は、すみやかに適当な対策をほどこすことも大切です。

● 母乳不足の見つけ方

 次のようなことが見られる場合は、母乳の不足を疑い、小児科医に相談し、哺乳量を測定してもらわなければなりません。

・ 一般に、母乳を飲ませた後すぐほしがったり、1回の授乳時間が20分以上もかかる場合。

・ 他になにも原因がないのに、体重増加がおもわしくなかったり、むしろ減ってきている場合。

・ 眠りが浅く、ちょっとした物音ですぐ目を覚まし、よく泣く場合。

・ 便の回数や量が減って、便秘したり、反対に下痢したりする場合。

スポンサードリンク

● 実際の測定

 哺乳量は、授乳の直前と直後に測定した体重の差でわかります。もっとも、赤ちゃんは毎回同じ分量の乳を飲むとは限りませんから、数回測ってその平均値を出してみるか、1日の全量を測定してみなければ意味がありません。

● 母乳の分泌をよくするために

 母乳不足と診断された場合は、まずその原因を十分に検討して、母乳の分泌をよくするように努めます。また、よくお乳の出る人も、普段からこのような注意は必要です。

・ 乳房のマッサージを行ないます。

・ 乳房が、空の状態になるまで授乳します。乳房は空になってはじめて分泌が高まるものです。授乳後、まだ母乳が残っているようだったら、搾乳器などで絞り出しておくことが大切です。

・ 母乳の分泌を良くするために、母親は栄養を十分に取らなければなりません。

 <母乳の出をよくする食事>

 赤ちゃんにとって最高の栄養品は、なんといっても母乳です。したがって、体力をつけると同時に、母乳分泌を良くするために食事量を多くし、栄養価の高い食品をとらなければなりません。

 昔から「お餅を食べると乳がよく出る」といわれています。しかし、お餅は特に母乳分泌を良くする成分を含んでいる訳ではなく、強いて言えば、ご飯より量がたくさん食べられるという利点があるくらいです。

 また、産後に“鯉こく”を食べる習慣は、これが水とタンパク質とで栄養的に優れているということでしょう。内臓も一緒に食べてしまえば、ビタミン類も豊富ですし、動物性タンパク質を多量に取ることになります。

 母乳の成分として、タンパク質はとても重要ですから、良質の動物性タンパク質を豊富に取るようにしましょう。

 また、母乳の成分の9割近くが水分ですから、水分も十分取る必要があります。毎日の食事には、汁けの多いものを忘れずにとりいれていきましょう。

 牛乳、乳製品、魚肉、卵、バターなど栄養価の高い食品を利用した、ポタージュ、シチュー、バター焼きなどは消化もよく、授乳期には最適の料理といえます。

子育てママの化粧品