中期の離乳食

 中期(6~8カ月)の離乳食プラン

午前6時 母乳または調乳
10時 おかゆ類6~20さじ。卵黄2分の1~1個または全卵2分の1~1個。野菜5~8さじ。スープ(味噌汁)50cc。母乳または調乳
正午
午後2時
果汁またはくだもの
母乳または調乳
6時 おかゆ類3~20さじ。魚または肉1~4さじ。野菜3~8さじ。スープ(味噌汁)20~50cc。母乳または調乳
10時 母乳または調乳


 献立例1 午前10時
・トースト─食パン2分の1、バター少々、
・洋風いり卵─卵2分の1個、バター2分の1さじ、牛乳1さじ、塩少々
・つぶしトマト

 献立例2 午後6時
・おじや─ご飯大さじ2、豆腐10分の1丁、大根、ニンジン少々、だし汁
・レバーみそに─レバー10㌘、カブ1個、みそ1さじ、砂糖、バター少々

 献立例3 午前10時
・煮込みうどん─ゆでめん10分の1玉、ほうれん草、しらす干し大さじ1、だし汁3分の1カップ、醤油少々
・ジャガイモつぶし─ジャガイモ3分の1個、バター2分の1さじ、塩少々

 献立例4 午後6時
・トースト─食パン1枚、バター少々
・納豆ペースト─大さじ1
・とりみるく煮─とり挽肉小さじ2、ニンジン、タマネギ少々、バター2分の1さじ、小麦粉1さじ、牛乳6分の1本

スポンサードリンク

● 調理を要領よくするためには
① 2回食になると、調理に時間がかかるので、手早くする工夫が必要。

② おとなの食事から、その一部を調理して離乳食にする。

③ オムレツ、シチュー、ジャガイモの煮物など、そのまま赤ちゃんが食べられるものを、毎日の献立に加える。

④ 市販の離乳食品やしらす干しなどをいつも用意しておき、おとなの食事が利用できないときに使う。

● おとなの食事を利用した離乳食
 献立例1
・おとなの食事─ご飯、みそ汁(油揚げ・わかめ)、納豆、大根おろし、生卵、漬物
・離乳食─おじや(みそ汁の汁だけを使い卵黄・大根・大根の葉を入れて煮る)、つぶし納豆

 献立例2
・おとなの食事─トーストパン、バター、牛乳、サラダ(レタス・トマト・きゅうり)、ゆで卵
・離乳食─むしフレンチトースト(卵を割ってほぐし、牛乳と混ぜて砂糖を加えてものにパンをよくひたして蒸す)、つぶしトマト

 献立例3
・おとなの食事─鍋焼きうどん(うどん・ほうれん草・かまぼこ・ふ・あじの天ぷら・生しいたけ)、しらす干しと大根おろし、酢の物、ミカン
・離乳食─煮込みうどん(うどんは短く切り、ふ、てんぷらのアジだけをほぐして入れ、よく煮込む)、しらす干しのみじん切りと大根おろし、つぶしミカン

 献立例4
・おとなの食事─カレーライス、サラダ(キャベツ・きゅうり・リンゴ・ゆで卵)、福神ずけ、ラッキョウ
・離乳食─おかゆ、シチュー(カレー粉を入れる前にとりのけて、ミルクを少し入れる)、キャベツのみじん切り炒め、卵黄あえ、リンゴのすりおろし

 献立例5
・おとなの食事─ご飯、ヒラメの刺し身、里芋とニンジンの煮つけ、すまし汁(豆腐・みつば)、コマツナのおひたし
・離乳食─おかゆ、ヒラメの煮つけ(薄味で煮る)、里芋とニンジン(つぶす)、煮どうふ(三つ葉を入れる前にとりわける)、コマツナのみじん切り

スポンサードリンク

● 栄養のバランスに気をつける
① 毎日の食事に、赤ちゃんに大切な栄養素、タンパク質、カルシウム、鉄分、脂肪などが含まれているように食品をとり合わせる。

② おとなの食事を利用するとき、偏食があったり、間に合わせだったりするとよい離乳食ができない。

③ 皮膚に弾力があって、かたくしまっているのがよい。ぶよぶよ太りのときは、栄養のバランスがとれていない場合が多い。

● 体重の増加を調べる
① 離乳が順調に進んでいるかどうかは、体重の増え方でわかる。

② 6カ月以後1年までは、月平均200㌘くらい増える。

③ よく食べるが、体重が少しも増えないときには、医師に相談する。

④ 体重が増えないからといって、離乳食を母乳や調乳にもどさないように。少しずつでも続けていく。

⑤ 体重が標準より重い赤ちゃんは、ある期間、食欲がなくなって体重が増えないことがある。ふえ過ぎの自然調節と考えて、あせらずようすをみる。

● 離乳期にはビタミン剤を
① 離乳食にじゅうぶんビタミン類が含まれるように調理した場合は、ビタミン剤は与える必要はない。

② 離乳食からビタミン類をとることは実際にはむずかしいので、総合ビタミン剤を適当に与えてもよい。

③ 調製粉乳で育ってきた赤ちゃんは、離乳食が進むと、調乳を飲む量が減るので、ビタミンの点も考える。

スポンサードリンク

● 離乳食として不適当なもの
① 刺激の強いもの
 コーヒー、ココア、紅茶、番茶以外の日本茶、野菜では唐がらし、ピーマン。お菓子ではチョコレート。

② せんいの多いもの
 ゴボウ、レンコン、ぜんまい、ふき、タケノコ。

③ 消化の悪いもの
 イカ、タコ、線維の多い肉、貝類(カキはよい。スープとしてなら他の貝もよい)。

④ 冷たすぎるもの
 アイスクリーム、氷水、アイスキャンデー。