子供の言葉の教育:言葉の遅れ


 同じ頃に生まれたよその赤ちゃんは話し始めたのに、うちの子はまだ言葉が表れないとか、2歳になったのに、パパ、マンマのような話はじめの頃の話し方をまだしている、などと心配するお母さんは少なくないようです。

● 言葉の遅れは速断できない

 言葉の発達にはさまざまな条件がからむので、他の子供の発達状況と比較して、遅れていると速断することは避けたいものです。

 お誕生を数ヶ月も過ぎないと話し始めない子供はたくさんいますし、知能は高くても3歳頃まで満足に話せない子供もいます。そんな子供が急に“おしゃべり屋さん”になって、親をびっくりさせることもあるものです。

 事実、話はじめの時期についての学者の意見にしても、1~2歳半と考える説、3歳過ぎまでは“遅れ”とみてはいけないとする説など、様々です。

● 言葉の発達を遅らす条件

 言葉の発達を遅らす原因になるものには、次のようなものがあります。

スポンサードリンク

 体の条件
 耳の聞こえが正常でなかったり、知能が遅れていれば、言葉も遅れます。また、口、舌、口蓋、あごなどの器官に故障があったり、これらの器官をコントロールする神経の異常でも言葉が遅れます。

 もし、子供の言葉の発達に疑問があるようなら、言語治療の専門家に相談するとよいでしょう。

 環境の条件
 今まで、言葉の発達を促す条件を述べてきた訳ですが、そのような言語刺激に乏しい環境に育った子供は、言葉の遅れが表れる可能性がないとはいえません。

 新生児からの、身ぶり、表情まで含めた言語刺激が大切なこと、そのためには、お母さんが“良い聞き手”“良い話し手”になることが必要なことは、理解していただけたと思います。

● “無口な子”は子供同士の世界に入れる

 あまり活発に話をしない子供は、子供同士の世界に入れてやるのも一つの方法です。ほかの子供の口真似をしたり、積極的にしゃべってみたりするものです。

 また、子供の言葉について神経質になっている親もいないので、子供は伸び伸びします。

子育てママの化粧品