子供の絵本;2歳~3歳児の絵本


● 積極的に絵本に関心を持つ時期

 この頃になると、絵本はおもちゃから独立して、本としての役割を果たすようになります。つまり、絵本で始めて知るようなことも多くなり、絵本に対して積極的に関心を持ち、絵本で見たものについてしゃべったり、ほかの遊びの中に利用するようになります。

● 想像性を刺激するようなものを

 ですから、内容も子供の興味を引き、子供がそれについて自分で話したり出来るような、いわば創造性を刺激するようなものが必要です。子供の経験の世界を広げるためにも、新しい物語が登場し、絵本の種類も多くなってきます。

 ものの本
 前の時期と違って、単なるものではなく、位置づけが必要でしょう。“どうぶつ”にしても「動物の親子」、“のりもの”にしても「消防自動車の働き」というふうに、一つの体系が要求されてくるのです。さらに、大小、上下の関係なども描かれます。

スポンサードリンク

 生活絵本
 子供たちの生活の基本的習慣や遊びが描かれたり、世の中の人々の働き─例えば、医者だとか駅長だとか、それに公共施設─公園や遊園地などもここに出てきます。

 子供たちは、こういうものを通して、自分の生活や自分をとりまく社会の仕組みというものを再認識したり、新しい知識を得たりするのです。とりわけ、自分のことを自分でするという自律性、自分の他にも人が存在するという社会性の芽生えを、絵本から養っていきたいものです。

 童謡絵本・昔話絵本
 この時期の子供たちは、歌を歌ったり、童謡を聴いたりしながら、子供たちなりに、自分勝手なイメージを描きがちです。 そのイメージは、この年齢の子供たちの経験量からすると、独りよがりになりがちなので、こういう歌、こんな昔話は、具体的にこういうイメージだと示すことによって、正しい想像力をつけていく能力を促進させます。

 創作絵本・物語絵本
 楽しい物語を通して、直接経験できない、“もう一つの世界”を心の中につくり上げる働きをします。ブルーナの「うさこちゃん」をはじめ、多くの傑作が出ています。

● 筋があるのはいいが、言葉遣いに注意

 この頃は、時間的空間的な広がりが少しずつ分かってくる頃ですから、やはり単純な物語があったほうがいいようです。ものの本にしても同様なことが言えます。単純な繰り返しなど、読んでやると音楽的な楽しさのあるものが必要です。ただ幼児だというので、甘い幼児語や家庭語を使ってはいけません。

● 童画風・デザイン化した絵は好ましくない

 絵は写実的で、分かりやすくなければいけませんが、同時に話の内容をもっとも正しく表現した美しい絵でなければなりません。

スポンサードリンク

 つまり、描こうというものの形だけでなく、動きや質量などを、ちゃんと描いていなければならないでしょう。ぬり絵のような自動車や、子供のかわいらしさだけを強調したような童画風なゆがめ方、あまり漫画風な崩し方やデザイン化も、好ましくありません。

● 子供の自己表現を助けるような読み方をする

 絵本を一緒に読むときは、子供の自己表現を助けるような読み方が大切です。だから、いつも読んでやるというのではなく、時には絵だけを見せて話の内容を想像させたり、または新しい話を想像させたりするのもいいでしょう。創造力を刺激する事がもっとも重要なことで、筋書きを間違えずに覚えているかなどというようなテストは、やはり困ります。

 母親と共に絵本を見るという事が、どんなにすばらしいものであるかということを、体験させたいものです。

子育てママの化粧品