子供の家庭教育;4、5歳児の安全教育


 大人の言うことを理解できるようになる4、5歳児では、実際の場面で指導したり、危険な場面を想定した模倣訓練なども効果的になってきます。

 また、言語発達もかなり進んでいますから、言葉による指導も理解できるようになります。

● 交通安全教育の集団訓練

 交通事故対策には、特に有効です。親や幼稚園、保育所の先生が一緒に街頭へ出て、実際に指導したり、交通公園などでおまわりさんに指導してもらうことも出来ます。

● 映画、スライド、ビデオ、絵本も利用する

 4、5歳になると、イメージを描く能力も向上してきますから、水、火、交通などの事故防止について、幼稚園や保育所では、映画、ビデオなどを使って知識を与えたり、訓練することができるようになります。

 また、家庭では絵本などを利用して教えることも出来るでしょう。

スポンサードリンク

● 社会性の訓練も大切

 社会性の訓練も、安全教育につながってきます。例えば、親や先生との約束とか、いろいろの決まりを守る習慣や基本的生活習慣が確立されるということは、あらゆる危険に対して近づかない、また、かりに事故にあっても、早く発見したり、迅速に大人に知らせる、などといったことに結びついていきます。

 さらに、自己中心的でなく、秩序を重んじ、他人と強調する習慣や対人的な情緒の安定なども、すべて同じような意味で事故防止につながっています。

● 注意力の訓練

 水や交通機関をはじめ、火、崖、遊具、電気、毒物、動物、誘拐など、幼児の周囲は危険がいっぱいです。しかし、それらに対する知識を繰り返し教え、子供なりにある程度理解させておく事が大事です。そうすることによって、事故はある程度防止できるはずです。

 もともと、幼児は注意力が乏しいのですから、あらゆる機会を利用して知識を与え、何回も繰り返し訓練し、注意をさせることも、安全教育の基礎作りとして大切です。

● 運動能力の訓練

 幼児期は、感覚、神経の機能が特に著しく発達します。従って、敏しょう性とか平衡感覚、手先の器用さなどを主体にした運動能力は、訓練によって大いに伸ばすことも期待できます。

 安全能力をつけさせるためには、これらの運動能力も欠くことのできないものですから、毎日の遊びを通して養っておかなければなりません。

● 発達段階や個人差に応じて

 幼児教育では、いつも子供の心身の発達段階や個性に対応していなければなりません。

 まったく危険意識を持たない乳児と、多少持つようになった幼児では、当然方法が違います。また、幼児の性格やその子の個性─例えば不注意な子とか転びやすい子など─に対応した方法も考えていかなければならないでしょう。

スポンサードリンク

 子供が階段の上り下りに興味を持ちだしたら、これを危険だとして禁止するよりも、安全な階段の昇り方を徐々に教えるとか、ハサミを持って紙を切りはじめたら、ハサミの安全な使い方を教えるなど、親は子供の発達段階と興味の対象をタイミングよくとらえて、積極的な安全教育をすすめてほしいと思います。

● 具体的に教える

 観念的に物事を考えたりすることのできない幼児では、具体的な体験を通して、体で覚えさせる方法がもっとも効果的です。

● 強制と反復によって習慣化するまで

 毎日の生活の中で、あるていど強制的に、しかも根気よく何回も繰り返し習慣づけていくことも大切です。いろいろの生活習慣を確立することも、間接的に安全教育の役割を果たしているのです。

子育てママの化粧品