子供の家庭教育;安全教育


 ● 安全教育の実際 ● 交通事故と安全教育
 ● 4,5歳児の安全教育


 「不慮の事故」の大半は防げる

 子供が生命を失う原因の中で、一番多いのは事故です。これは、統計では「不慮の事故」としてあげられています。しかし、これをさらに確かめてみると、交通事故を例にとっても、決して全てが“不慮の─思いもかけない”事故ではなく、むしろ、子供の事故の多くは、周囲の大人の配慮の足りなさとか、子供に対する「安全教育」「安全のしつけ」の不行き届きから起こっていることが分かります。

● 子供の事故は一生尾を引きやすい

 子供の事故は、統計の数字からだけでは計り知れない広がりを持っています。例えば、非死亡事故(けが・重傷など)は、事故死亡の160倍、そのうち、肢体不自由児になり、一生ハンデキャップを背負い続ける子供は、死亡事故の2,4倍にもなると推定されています。

● 安全教育は現代の育児の一つの柱

スポンサードリンク

 子供を取り巻く環境には、さまざまな危険が潜んでいます。ちょっとした親の不注意が、事故に結びつくような例が少なくありません。浴槽に落ちる、ドアに指を挟む、階段から転落する…乳幼児は、まさに“目が離せない”存在です。

 そのうえ、交通事故や誘拐など、社会の変化にともなって、お母さん方の子供の時代にはあまりなかったような事故が急激に増えて、子供たちをおびやかしています。

 安全教育は、現代の育児のきわめて大きな軸の一つとして、特別な意味を持ってきたのです。“生命の安全”という土台がなければ、才能の開発も情緒の教育も、体力づくりも、豊かに花開かないものであることを、もう一度心にとめてほしいものです。

● 安全教育の二つのポイント

 子供は危険を予知したり見分けたりする能力がきわめて低いので、かくれた危険(潜在危険)をできるだけ早く発見して、取り除いてやる細心の注意が大人の責任になってきます。そして、その配慮の積み重ねが、子供に知らず知らずのうちに、危険から身をさける習性を養わせることにも通じていくことになるのです。

 しかし、事故は一瞬のうちに起こるものであり、しかも、親がいつまでも、子供の身辺のすべてに目を配っておれるものではありません。日常のさまざまな危険に対処するだけの能力を、早くから身につけさせることは、より一層大切なことです。

 “危険に対処する能力の開発”は、慎重に計画的に進めなければなりませんが、子供の伸びようとする芽を摘み取ることのないよう、大胆さも親に望まれるのです。

子育てママの化粧品