子供の家庭教育;子供の製作


 いたずらこそ製作の始まり

 1歳頃には、手当たり次第につかんだり、投げたり、たたいたり、破いたり、こねまわしたりします。そうしながら“お前はカタイな”“こいつは重いぞ”“これは音がするね”“何だか特別よ”…と、手と体で確かめるのが、幼児の知識の身のつけ方なのです。そして、こんな行動の積み重ねが、ものを手にして“なにかをつくる”ことへと発展していきます。

 紙をちぎったり丸めたりして、1枚の紙がさまざまな形に変化するのを発見します。やがて、その形から犬や雲などさまざまなものを連想するようになり、さらに、意識的になにかを作ろうというように発展します。

● 「こねくり期」をじゅうぶんに経験させる

 絵では「めちゃくちゃ描き」の時期があり、これは製作では「こねくり期」ともいえます。めちゃくちゃ描きやなぐり描きが、描画の発達に大切であると同様に、“こねくり“つまり手によって対象物を十分に把握させることが、幼児の製作教育の第一歩なのです。

● “こねくり”と“しつけ”との兼ね合い

 たしかに、破ったり、穴をあけたり、傷をつけたり、壊したりという行為は、親としては「そんなことをしてはいけません!」と禁止したくもなるでしょう。しかし、幼児の製作教育の面からみると、禁止してしまうには、もったいないような貴重な経験なのです。

スポンサードリンク

 これを心得たうえで、“こねくり”と“しつけ”との兼ね合いを、各家庭で考えてみたらいかがですか。

 砂場は幼児のアトリエ

 最近は、泥遊びや砂遊びをしたくても、場所に恵まれない子供が多くなりました。洋服を汚すから、けがをしては…と親が禁止している場合もあります。

● 物の性質を理解し、物を作る喜びを知る場

 ところが、砂や泥にまみれて遊ぶという経験は、創造性や社会性を育てる上からも、精神衛生の面からも、幼児期にはどうしても必要なのです。

 何人かで穴を掘り、みぞをとおし、砂を運びだし、水をくんできては穴にそそぐ…水はたまり、流れ、吸い込まれていく…。それを見たり、そんな作業をすることを通して、子供は穴やみぞの掘り方ろ学び、空想を限りなくふくらませ、物の変化する性質を知り、物をつくる喜びを味わい、さらに、協力する人間関係をも身につけているのです。

 砂遊び、泥遊びにはさまざまな要素が含まれていますが、それらの総合として意味があるのです。

 また、だれに教えられなくても、砂で団子を作ります。どうすればやわらかいお団子になるか、かたいお団子を作るにはどうしたらよいか、砂と泥の調合を子供たちは身をもって学び、仕上げに必要なかけ砂まで発見します。

● ものをつくる基本を育てる

 ものを作り出すのは、人間だけに出来ることです。そして、その基本を育てることが、製作教育の精神です。

 2、3歳になったら小手先の作業ではなく、思う存分に体全体で穴を掘り、水を汲み、三輪車やおもちゃのトラックを利用しての泥運びをさせたいものです。子供はその遊びを通して物をつくる呼吸を体で覚えこみ、それに必要な体力と、作業全体を統一する知性とを養っていくでしょう。

子育てママの化粧品