子供の家庭教育;3歳児の絵


 3歳になると線が急に複雑になり、形も少しずつ何だかわかるようになってきます。ところが、この時期には無意識のうちにさまざまな敵対物を発見して、それから身を守ろうとする構えが出てきて、それが絵にも見られるようになってきます。

 親に保護してもらいながら、自分の牙をみがく時代に入ったのです。この時代はわがままな反面、依存性が強いのです。

● 3歳児の絵の際立った変化

 生活の上でも、“いじめる現象”が表れ、相手を突き飛ばして相手の反応をうかがったりします。喧嘩もおこります。そこで絵の内容も、やっつけるもの、自分に襲いかかるものなどが中心になってきます。

 いつも怒られている子供は、画面にたくさんの点をうって、「熊の足跡」「怪物の足跡」などとつぶやいたりします。一方的な強い刺激を親から受け続けている子は、雷とか火事とか破壊につながるものをよく描いたりします。

スポンサードリンク

 ふつう3歳児では、線で形を描き、その中を塗りこみ、周囲の余白に線をひいたり点をうったりします。形はものの説明であり、塗りこんでその形に生命を与えたことになるのです。周囲の線や点は、そのものが動き出した様子や、勢いを表しているのです。

● 自己中心の空想の展開

 子供は、絵の中の主役は自分であり、演出も自分なのです。ですから、友だちと一緒に“お絵描き”をしていても、主役同士の呼吸や空想の筋があっている場合はよいのですが、それが破れたときにはいさかいがおこります。

 しかし、それもすぐおさまるでしょう。子供は自分のドラマの演出に忙しいのです。

● 人物はまだ無理

 まだ人物は大きな顔からすぐ手足の出ているタコのような、火星人のような“人物”です。それどころか、花や木や家などに目、口、手足などをつけたりします。

 これを「アニミズム」といいますが、3歳児の世界ではすべてのものが自分と友達であり、遊びの相手なのです。

● この時期に気をつけること

 子どもの絵を見てお話をしてあげる
 花や木や太陽に手足や目鼻がついていたら、そういうものと子供との対話を興味深く聞いてやったり、お話をしてやってほしいものです。

 子供は、心の中で会話することによって感情をまとめたり、考える楽しさを味わったりしながら、知性を伸ばしていくのですから。

子育てママの化粧品