子供の家庭教育;2歳児の絵


 2歳児に鉛筆やクレヨンを持たせても、口の中に入れる子は少なく、あたりかまわず手を動かし、描くというよりはぶっつけるような方法で、紙や壁、床、机などに書きなぐります。その様子を見ていますと、肩の付け根を中心にして円を描く動作で、紙にクレヨンをぶっつけるようにして線を引いています。

 これを繰り返すことにより、紙にぶつかったときの反応を確かめ、腕の力と意志力のバランスを調整しているのです。

 紙や机、床、壁などにぶつかったときの反射的な力の受け方と、向かって行った時の力の出し方の大小によって、戻ってくる力の受け止め方を学んでいるのです。

● 線遊び・円の描写

 でたらめな線を引いているうちに、らせん型の形ができたり、また、力の調整ができるようになって、自分の思う方向に線を引くことが可能になってきます。

 線を引いて、「自動車が走っているところだよ。ママが乗っているの」などと話しかけることもあるでしょう。線を引く速さと力の入れ方によって、お話の内容も変わってきます。

スポンサードリンク

 線遊びと並行して、円も描くようになります。円を描いて「ママ、これニャーニャーだよ。これ、ワンワン」などというのです。自分はネコやイヌになりきって見せたり、かわいがるしぐさをしたりします。

 円のそばに点や線を描くこともあります。これはイヌやネコと、子供とが同一画面中で生活していることをあらわしており、親から受けた愛情の示し方と、生活に必要な行為とを動物とともに学んでいると考えられます。

● この時期に気をつけること

 求められても、親が絵を描いてあげないこと
 2歳児はよく「ママ、お花かいてよ」とか「自動車かいて」などといいますが、描いてやってはいけません。それは乗り物や花の形を似せて描くことだけが、絵を描くことだと思わせてはいけないからです。

 また、母親に、子供の欠点を指摘する習慣が知らず知らずに出来てきている場合には、子供は愛の代償として「絵を描いて」という要求を出すことがありますから、絵を描いてやるよりも、子供の能力を認めてゆとりのある愛情で包むことのほうが大切でしょう。

 まず子供のお話に耳を傾けてやること、子供は認めてもらったことで、描いたものがまた次へと進んでいくのです。

 激しいタッチに口をさし挟まないこと
 自動車が突っ走っているところだなどと言って、紙面全体を激しいタッチでぐるぐる書きなぐることがあります。自分の感情と力を最大限に表現して、力のバランスの調整を絵を通して学んでいるのですから、こういう場合は何枚でも描かせていると、しだいに落ち着いてくるものです。

 へいぜい母親に怒られている子ほど、激しいタッチで、紙面全体を書きなぐることが多いものです。

子育てママの化粧品