あせも(汗疹)


● 病気の様子
 あせもにはいろいろの種類があります。いちばんよく見られるのは赤みのあるもの(紅色汗疹)ですが、小さな水ぶくれのようなもの(水晶様汗疹)もあります。

 赤ちゃんや太った子にできやすく、首筋、背中、胸、腕、足などのすれ合うようなところに、赤い小さなぶつぶつが一面にあらわれて、強いかゆみがあります。

● 原因
 あせもは、汗の出る管の出口が、日に焼けたり、蒸れたり、こすれたり、ときには石けんの使い過ぎなどによってふさがったため、汗がまわりの皮膚の中(表皮または真皮の浅いところ)にしみ出したものです。

スポンサードリンク

● 家庭での注意
 あせもは予防が大切です。暑い季節には衣服に注意し、汗をかき過ぎないように注意します。そのためには、風通しの良いところに寝かせ、清潔な木綿の肌着を着せて、皮膚にはベビーパウダーを軽くはたいておきましょう。汗をかいているようだったら、まめに蒸しタオルなどでふいてやりましょう。

 また、行水や入浴なども頻繁に行ないます。ただし、入りすぎたり、石けんの使い方などによっては、かえって悪くなることもあります。

 あせもの治療は、しぼったタオルで汗を拭いたあとで、副腎皮質ホルモンの入った薬を塗っておきます。

 ときには細菌が感染して、化膿性汗腺炎(あせものより)を起こすことがあるので、まめな手当てが必要です。


 小児ストロフルス

● 病気の様子
 おもに腕や足にアズキ粒くらいのかたいぶつぶつができて、とてもかゆがります。かきすぎてかさぶたのついているものや、水ぶくれになっているものもあります。

 赤ちゃんから2、3歳の幼児に多く、季節的には春夏に多くみられ、秋冬に少なくなるのが特徴です。

 病気そのものは重くないのですが、かゆみが強いため、睡眠不足とか神経過敏になります。

 虫さされが根本的な原因とされていますが、食べ物によるアレルギー反応と考えられる場合もあります。

 一時的に治っても、また春夏になると再発するといったことを繰り返すことが多いのですが、6歳ごろまでにはたいてい治ってしまいます。

● 家庭での注意
 子供の生活しているところから、ノミやダニを駆除することが大切です。また、症状を悪化させるような食べ物は、避けなければなりません。

 治療法としては、医師の指示で、かゆみ止めの塗り薬を使います。しかし、効き目が少ないので、たいていの場合抗ヒスタミン剤シロップなどを飲ませます。

スポンサードリンク