おむつかぶれ(きょうほ皮膚炎)


● 病気の様子
 おむつをしている赤ちゃんで、おむつの当たる部分に起こるかぶれのことをいいますが、かぶれの様子には二つの形があります。

 一つは、大小いろいろの赤いぶつぶつの出来ているもの、もう一つは一面に赤みのあるものです。

 どちらも皮膚のしわで隠れているところでは、それほどひどくなりません。

● 原因
 おむつかぶれは、尿の中に含まれている尿素が、大便の中にいる細菌でアンモニアにかわり、それが赤ちゃんのやわらかい皮膚を刺激しておこるものです。

 このほかにも、下痢が続いたときとか、おむつの洗剤が原因になっていることもあります。

スポンサードリンク

● 家庭での注意
 いったんおむつかぶれが起こったら、もちろん治療して、できるだけ早く治してあげなければなりません。

 しかし、この病気は毎日の世話が十分行き届いていれば予防できるものだけに、母親の注意が大切です。

 予防する上で大事なことは、局所をいつも清潔にし、乾燥させておくことです。そのためには、おむつをまめに取り替え、ベビーパウダーを少量用います。固まりになるくらいたくさんパウダーを用いると、かえって逆効果になることもあります。また、通気性の良いおむつカバーを選ぶことも大切です。

 日光浴のさい、局所も忘れずに当てるようにすれば、皮膚の鍛錬やおむつかぶれの予防にもなります。

● 治療の方法
 塗り薬は、アトピー性皮膚炎と同じです。かるい場合には家庭でもじゅうぶん治療することができます。

 大便で汚れた局所は、オリーブ油(ベビーオイルではない)でふきます。近ごろでは、いろいろの消毒綿も用いられています。下痢のある場合は、小児科医と相談して、まず下痢をなおさなければなりません。

● 乳児寄生菌性紅斑
 おむつかぶれのできる同じ部分にできる特別の病気です。これは特殊な菌がうつっておこる病気で、おむつかぶれを治すような方法では治りません。赤ちゃんのおしりにできた皮膚病が、なんでもおむつかぶれと判断しないようにして下さい。

スポンサードリンク