アトピー性皮膚炎


 子供の皮膚病のなかで一番問題になるものです。

 この病気は、赤ちゃんにできている時と、もっと年齢の大きい子供にできている時とでは、症状に大きな違いの見られるのが特徴です。

 乳児アトピー性皮膚炎(乳児湿疹)

● 病気の様子
 生後1カ月から数カ月の赤ちゃんに起こる湿疹です。

 まず顔から始まりますが、皮膚が赤くなってただれたようになり、ジクジクしてきて、その上にかさぶたがついています。病気が進むと、こういう症状が身体や手足まで広がっていきます。

 かゆみがとてもひどいので、赤ちゃんは周りのものに顔をこすりつけたり、ひっかいたりして、病気をますます悪くしてしまいます。

スポンサードリンク

● 過敏性体質が原因
 この病気は、生まれつき持っている過敏性の体質(アトピーという)が原因だといわれています。

 この困った体質の子供は、本人や家族に喘息、じんましん、薬疹(薬による発疹)、アレルギー性鼻炎などの病気がある場合によく見られます。主として冬に悪化し、また、治っても再発を繰り返す病気です。

● 家庭での注意
 家庭で治療する場合は、かってに塗り薬を決めないで、症状にあった物を専門医の指示で用いることが大切です。いっぱんに、副腎皮質ホルモンの入った塗り薬がよく使われます。ジクジクしてかさぶたがついているときは、包帯をすることもあります。また、塗り薬といっしょに、かゆみ止めとして抗ヒスタミン剤シロップを飲ませる場合もあります。

 これらの薬を用いると同時に、家庭で守っていただきたい注意がたくさんあります。

 食事
 食べ物をむやみに制限するのは、かえって良くありません。食べさせると必ず症状が悪くなる食品が分かったら、それだけを制限して下さい。それよりも食べ物で汚れた顔や手をそのままにしておく方が、よほど悪い影響を与えます。

 入浴
 ジクジクしている症状があるとき以外は入浴をさせても構いません。石けんは、ふつうの良質のものを用いますが、強くこすらないようにし、入浴後は必ず塗り薬をつけておきます。

 肌着
 木綿のものに限ります。ウールなどは、直接皮膚にふれるとチクチクして良くありません。

 予防接種
 このような体質の子供では、予防接種を受けるときに専門医にまず相談する必要があります。予防接種の後、湿疹が出てくることもあるからです。

スポンサードリンク

 小児アトピー性皮膚炎(小児湿疹)

● 病気の様子
 口の周り、まぶた、首、ひじのくぼみ、ひざの裏側などに、ぶつぶつとしてとてもかゆい部分ができます。しかも、そこ以外の部分の皮膚も、全体にうるおいがなく、かさかさに乾いているように感じます。

 5、6歳前後の幼児に見られますが、赤ちゃんのときにかかった乳児アトピー性皮膚炎から、引き続いて起こることが多いのです。

● 原因や家庭での注意、治療法
 乳児湿疹と同じですが、小児期の終わりごろまでにはしだいに軽くなり、完全に治ってしまうのがふつうです。