子供と大人の虫歯との違い


● 症状の特徴
 子供の虫歯と大人の虫歯との違いを、お母さんにもぜひ知っておいていただきたいと思います。

① 乳歯の虫歯は、大人の虫歯より広がり方が非常に早く、油断すると、すぐ崩れてまったく噛めない歯になってしまいます。
 
② 乳歯の神経(歯髄)は感染しやすく、化膿したり、頬が腫れやすく、このときかなりの発熱が伴います。

③ 虫歯にかかっても、大人のように穴が小さいうちから冷たいものがしみたり、歯が痛むなどの警報的な症状がはっきり出ません。そのため、虫歯の穴が大きくなるまで、母親が気がつかないことが多いのです。

● なぜこのような特徴が出るのか
 乳歯は、エナメル質や象牙質といわれる歯の硬い部分が、大人の歯の半分ぐらいの厚さしかなく、形は小さいのに、あんがい神経が大きいのです。そのため、虫歯にかかると、たやすく神経が化膿してしまいます。

 さらに具合が悪いことには、日常生活で甘いものが口に入る機会が多く、これが虫歯の穴をさらに大きくしてしまいます。虫歯の穴がまだ小さいからと油断していますと、1か月もたたないうちに虫歯が奥深く進行して、子供ばかりでなく、親まで安眠できなくなるような、激しい痛みに襲われます。

 乳児の虫歯は、痛み始めてからでは手遅れのことが多いので、小さいうちに発見して、治療を受けることがなによりも大切です。

スポンサードリンク

● 虫歯の多い子ども
 乳歯が虫歯で崩れてしまうと、食事が思うようにできなくなるため、いろいろな問題がおこってきます。

 虫歯が崩れると、ふつうのように噛めなくなりますから、食事の量が減ったり、好き嫌いが極端になり、正規の食事よりは、舐めてすむような甘味を欲しがったりするようになります。しかし、これではますます虫歯がひどくなるばかりです。そのため、虫歯の多い子供は、やせ細った身体つきが多いようです。

 特に、奥歯が早くから崩れると、正しい噛み方ができないため、発育中の顎の運動が変わってきて、顎が左右どちらかに偏ったり、下顎が前に突き出て、親の期待に反した顔つきに育つ恐れもあるのです。

● 永久歯の歯並びを悪くする
 虫歯で乳歯が腐ってしまいますと、そのあとから生えてくる永久歯の歯並びを乱してしまいます。

 特に永久歯の歯並びが乱れますと、その人は一生、じゅうぶんに噛めない奥歯を持つことになりますから、乳歯をよく守って永久歯の歯並びを完成させることも、大切な育児法の一つといえます。

● 劣等感を植え付けることもある
 幼稚園で給食を嫌がる子供がいるとのことですが、これも虫歯があるためよく噛めず、ほかの子供たちより食事が遅れるという、子供の心の世界に関係するものがあるといわれます。虫歯と劣等感という、子供の精神衛生の問題も無視できません。

スポンサードリンク