子供の病気-腹が痛い・黄疸が強い


 腹が痛い

 乳児がお腹を痛そうにして苦しむときは、ほとんどいつも危険な病気の場合です。痛がるだけでなく、お腹が膨張したり、熱があるときは、手遅れにならないよう、一刻も早く医師の診察を受けてください。

 小腸が大腸の中に入り込んでいる腸重積症、生まれてから大便が出ず、生後数日目からお腹が全体に大きくはれてくる先天性巨大結腸症などが考えられます。

 そのほか、急性腹膜炎、臍疝痛、回虫症、虫垂炎などで、強い腹痛を起こすことがあります。

スポンサードリンク

 黄疸が強い

 黄疸は、皮膚や目の白目の部分が黄色に見えますが、夜の電灯の光などでは分かりにくいので、昼間の明るいところでよく見ないと判断できません。

● 乳児の場合
 生まれてすぐから黄疸があらわれ、2~3日後に相当強くなるのは、血液型不適合による溶血性黄疸で、ほうっておくと脳性小児麻痺になります。このような症状が出た場合は、交換輸血によって、赤ちゃんの血液を交換します。

 生まれつき、胆汁が流れ出る胆管が閉じている胆管閉鎖では、生後1週間目くらいから黄疸が強く表れます。

● 幼児の場合
 幼児の黄疸で代表的なものは、流行性肝炎とよばれる病気です。発熱とともに黄疸があらわれ、約3~4週間続きます。この病気では食欲不振や疲労も強く見られます。

 この他、貧血の場合にも皮膚の色が黄疸に見えますし、敗血症などのような重い感染症でも黄疸がみられることがあります。