子供の病気-赤ちゃんの便のようす


 便のようすがふだんと違う

 便の回数や固さは、体質や食べ物によりさまざまで、特別の病気がなくても下痢のような状態になることがあります。したがって、下痢で問題になるのは、下痢以外になんらかの症状がある場合に限ります。

スポンサードリンク

● いろいろの症状がともなう下痢
 赤ちゃんでは、下痢があるうえ、体重の増加も悪いといった場合には、母乳不足が原因となっていることが多いのです。また、下痢便のにおいがひどく悪い場合は、食べたものが腸内で異常発酵や異常腐敗がおこっているしるしです。

 下痢に嘔吐がともなうのは、消化不良症に中毒症状が加わってきたことをしめします。

 発熱をともなう下痢は、必ずしも消化器に感染がおこっているとは限らず、感冒性消化不良のように呼吸器の感染のこともあり、中耳炎や膀胱炎のように、意外な場所の病気が原因となっていることがあります。

 さらに、発熱に嘔吐が加わる下痢で、しかも便が白色の場合は、よく晩秋から初冬にかけて伝染病のように多発する仮性小児コレラが考えられます。

● 血便が出る場合
 血便が出るのは、便が固いため、肛門が切れて出血していることがあるので、一応調べてみてください。

 もし、そのような様子がみられない場合は、赤痢とか疫痢の心配もあり、少量の血便は腸閉塞の場合にもおこりますから、医師の診察を受ける必要があります。