子供の病気


・診断に大切な知識
発育状態の知識
おもな症状と病気 注意したい軽い症状
子どもの病気がわかったら  

 <病気発見のポイント>

● 病気の発見と母親の役割
 子供は、正確に自分の考えを表現することができません。特に、自分の身体の変化を詳しく説明するということは不可能といってよいでしょう。したがって、子供の異常を発見するのは、いつも子供と一緒にいる母親の役割ということになります。

スポンサードリンク

● 母親は最良の家庭医
 たとえば「ポンポンが痛い」というので、てっきりお腹の病気かと思って心配すると、そうではなくて、風邪のための頭痛だったり、反対に「おつむが痛い」というので、高い熱でもあって頭が痛いのかと思うと、実際は腹痛であったりすることは、日常よく見られることです。

 これは決して子供が嘘を言っているのではありません。本当に頭痛を腹痛と感じ、腹痛を頭痛のように思いこんでいるのです。

 乳児期はもちろんですが、このように言葉を話すようになってからでも、子供の訴えが、必ずしも正しくないことが多いのです。

 では、子供の病気はどのように判断したらいいのだろう、という疑問に突き当たることでしょう。

 しかし、ここでお母さん方に自信を持っていただきたいことは、子供にとって最良の家庭医は母親である、ということです。

 よい家庭医であるためには、子供に深い愛情をいだいていることが欠くことのできない条件です。子どもを愛することにかけては、どんな家庭医も母親にはかないません。

 子供の病気を発見するためには、この母親の愛情が何よりも大切なのです。温かい目で、いつも子供の日常生活を見守っていると、子供のちょっとした変化でも、すぐ気がつくことでしょう。しかも、このような小さな変化が、子供の病気の大きな前ぶれになっていることもあるのです。

 母親は子供の病気を診断する上で大切な知識を、どんな小児科医よりも豊富に持っているわけですから、自分の子供に関する限り、母親は最良の家庭医といっても間違いはないでしょう。

 小児科医は、家庭医としての母親の協力なしには、その子どもの正確な診断は不可能であることを、いつも痛感させられています。

スポンサードリンク