子供の躾;体罰の問題



 ”叱る”ということにも色々あって、言葉だけのものから体罰まであります。体罰にも“つねる” ”うつ” ”押し入れや物置に入れる”などでもまだ足りず、親はいろいろと工夫するものです。

● 原則として体罰はいけない

 私は、原則として体罰には反対です。よほどの場合でも、体罰は用いるべきではありません。なにかといえばすぐ体罰を持ち出すのは、親にとっては簡単な方法かもしれませんが、躾の方法としては有益どころか、有害だと考えます。

 「躾は体で覚えるものだから、叱ることも体で…」という親もいるものですが、体で覚えなくてはいけないことだったら、まず、体の動かした方をていねいに、しかも根気よく教えてやるべきでしょう。

スポンサードリンク

● 体罰は副作用のほうが大きい

 体罰を与えれば、子供は明確に覚えてくれるだろうと親は考えるかもしれませんが、体罰を加える親の態度やそのときの恐怖、親に対していだいた反抗心なども一緒に記憶に残るのです。

 そして、人間が人間に苦痛を与えるのはたいへん異常なことだという点が忘れられ、それをごく日常普通のことのように思い、子供自身が何のためらいも考えもなしに腕力を使うようになったら、たいへん困ったことです。

● もし体罰をくわえるなら

 「何度言っても聞かないから…」ついに我慢できなくなって体罰におよんだということもあるでしょう。しかし、躾の成果を急ぐあまりということは、どうしても体罰を加えなくてはならないという理由にはなりません。

 もし、それこそ万一体罰をくわえるなら、その子の生命の安全に直ちに関係するような行動のあったときや、それをされると取り返しのつかないほどの状況が予想されるといった、特別に限られた場合だけだろうと思います。

 このような場合には、日ごろから親と子供の関係が円満で、愛情豊かなものであることが必要でしょう。

 そして、体罰を加えるのも、そのことを子供に分からせるという目的からであるということを、親が忘れてはいけないのです。

 

子育てママの化粧品