子供の躾;“褒める”躾と“叱る”躾


 親でも教師でも、叱ったり褒めたりが上手に出来るようになれば一人前だとさえいわれます。それほど子供を叱ること、褒めることは難しいのです。

● 親の期待する通りの効果のないことも多い

 親は子供が良くなると思って褒めるのでしょうが、必ずしも効果があるとはいえません。親はその時の自分の感情にともすると流されながら子供を見て、自分のやりやすい方法で褒めたり、叱ったりしがちだからです。

 親にとって子供はかわいいものです。そして、子供に大きな期待をいだくものです。ただ、期待が大きければ大きいほど、子供に無理な要求をしたり、冷静に正しく子供を見ることが出来なくなることもあります。

 子供の行動の全体や子供のおかれている状況を見ないで、あるいは理解しないで褒め、叱ることは教育的にも効果のないことです。

 親の一方的な叱り方、褒め方のために、子供が反抗的になったり、精神的に離れたりする場合もあります。また、親のいるときといないときで態度を使い分ける”裏おもてのある子”に育たないとも限りません。

 叱られること、褒められることに慣れてしまって、親の言うことがまるで効果がなくなってしまうなどということもおこります。

スポンサードリンク

● “褒める”と”叱る”は表裏一体

 褒めることは、叱ることより子供に効果があると言われます。「私の子は、叱ることばかりで褒めることなど一つもない」という人もいますし、叱ることは行動の禁止や規制であるのに対して、褒めることは行動の承認や奨励であるから、二つは別々のものであるようにも考えられています。

 しかし、褒めると叱るが全く別のもので、用い方も違うとはいえません。躾をするうえに、上手に併用している親は多いと思います。

 「A子ちゃんはいい子だから、こんなふうにできるでしょう。もうあんなふうにしてはいけませんよ」というようなものです。もし、子供の行動の結果だけを見れば、叱るだけでもよいのかもしれません。

 しかし、子供の行動の原因になった状況や、発達段階や、あるいはその行動に対する努力を理解してやれば、禁止と励行とを併用して躾ていくことができます。

● “褒める”は激励の意味

 褒めることは、その行動がそれでいいのだという承認の意味と、その調子でもっと努力しましょうという激励・奨励の意味とがあるのです。まだ未熟で、これからどんどん成長していくべき幼児にたいしては、褒め言葉は承認よりも、むしろ激励の意味が重くなるのは当然です。

 自分の子供がかわいくて、なんでもよく見える“甘い親”もいるものです。こういう態度が子供の全ての行動を評価する前提になっている親は、承認の意味の褒め言葉をしきりに与えたがるものです。

 これでは子供自身のためにもなりませんし、その反面、親自身が自分の躾のしかたについて反省がないのです。これでは、知らず知らずに自分のやり方が完全なもののように思いこむ危険もあります。

子育てママの化粧品