子供の躾;洗顔・口すすぎ・うがい


 <洗顔>

 幼児は水いたずらが好きですから、歯磨きよりもつけやすい習慣です。2歳くらいから始めて、4歳くらいまでには完成させたいものです。

● 親が見本を見せる

 親の洗面動作を見せることから始めます。自分でもやってみようと思うまで時間のかかる子供もいますが、その間はしぼりタオルで顔を拭いてやり、さっぱりした気持ちを実感させてやります。

 最初のうちは、手洗いと同様の介添えが必要なことは、いうまでもないでしょう。

 また、洗面の後、拭かないうちに目を開けて水が入り、泣きだす子も多いので、あらかじめよく教えておきましょう。

スポンサードリンク

 <口をすすぐ・うがいをする>

● 口すすぎが一人前にできるのは3歳半以後

 歯磨きや食事のあと口をすすぐという動作は、3歳ごろから教えられます。面白がってやりますが、最初は水を吐きだすことができず、飲み込んでしまうものです。

 そのうち“プーッ”とあたりかまわず噴き出すようになり、“チューッ”と狙った所へはき出せるのは、3歳半以後です。

● 口すすぎは乱暴に

 ”歯磨きはていねいに、口すすぎは乱暴に”するのがコツです。口の中や歯の表面、歯と歯のあいだの汚れをのぞくのは目的ですから、唇を閉じ、ほほをできるだけ強く動かし、グジュグジュと音がするほど口の中の水を激しく奔流させるように指導します。

● うがいの完成は5歳過ぎて

 外出のあとや、風邪がはやっているとき、うがいができると病気の予防になります。面白がって3歳くらいから真似はできますが、やはり水を飲み込んだりして、5歳くらいまではなかなかうまくできません。

 外出から帰ったら、必ず全員がうがいを励行するのでなければ、子供はなぜ自分だけやらされるのかと考えて、すぐにやめてしまいます。

子育てママの化粧品