子供の躾;手洗い・歯磨き


 躾は”いつから”と言っても、これはあくまで一応の目安であって、子供一人ひとりによって、早い遅いがあります。また、“どのように”と言っても、ここにあげるのは一つの参考例です。子供の実態に応じてお母さんのアイデアを生かして、教えてあげてほしいものです。

● 清潔の躾の第一歩

 手を洗う習慣は、2歳半くらいからはじめ、3歳くらいまでに完成させたいものです。幼児は手を汚す機会が多く、その手をすぐ口に持っていきます。

 手をなかだちにして、たくさんの病原菌(赤痢菌・小児まひウイルス・食中毒を起こす菌)が入ってきます。手をいつも清潔にすることは、保険上から清潔の躾の第一歩です。

● きっかけは、おやつをあげるとき

 習慣づけのきっかけには、おやつの前を利用するのがよいでしょう。お菓子がほしいので効果的です。外出から帰ったとき、便所の後を利用するのは難しいものです。

スポンサードリンク

 始めのうちは、そばについていてタオルを取る、そでをまくる、体を支える… 程度の援助は必要でしょう。そして、次の段階は、3度の食事の前にというように、あせらず気長に躾ます。

 また、最初から石けんを使わせたいものです。

● 場所・水・タオルにも気をつけよう

 台所での手洗いは衛生上良くないので、手洗いは洗面所でというけじめを、始めからつけたいものです。水も、水道水を出しながらたっぷり使うのが効果的です。

 また、せっかく手を洗っても、汚れた手ぬぐいを使うと、手洗いの効果はなくなります。ハンカチは、手を拭いた後ポケットに入れておくのですが、湿気と体温で菌が増殖しやすいものです。乾いた、清潔なハンカチを持たせるようにしましょう。


 <歯を磨く>

● 始めは物真似から

 2,3歳から始めて、5歳くらいで一応できるようになりますが、スプーンを自由に持てるようになったら歯ブラシを与えてみましょう。そして、親の真似をさせて、ブラシを動かすところから始めます。

スポンサードリンク

 なかなか大人のようにはいかないものですが、気長に習慣を育てていきたいものです。

 歯磨き剤は、つけてもつけなくても結構です。なかには歯磨き剤の味を嫌う子供もいます。

● 効果的な歯の磨き方

 起床時より就寝時が効果的です。欧米では、歯を磨かないと子供をベッドに入れないそうです。

 食事中に眠ってしまう子がいますが、大量の食べかすが歯についたままになるので、虫歯ができやすくなります。食事時間を早めたり短縮するなどの配慮が必要です。

 幼児には回転性はむずかしいので、さしあたっては横磨き、たて磨き、描円法がよいでしょう。

子育てママの化粧品