子供の躾;清潔の習慣


 清潔の習慣は、健康の面からも、身ぎれいにして他人に不快な思いをさせないという社会生活の面からも、幼児期につけておかなければならない大事な習慣です。

 <上手に躾をするために>

● 親が手本を示す

 躾の基本は、親自身の生活態度がどうかということにかかわってきますが、清潔の躾のように一定の型を覚えさせる時には、これは特に大切です。

 親自身が朝起きて顔も洗わなかったり、帰宅後手を洗わないのでは、子供にだけそれを強要しても、身についた習慣にはなりません。

 また、清潔ということは、身辺をきちんとする態度と密接に関係しています。従って、家の中が雑然としていては、清潔の習慣はつけにくいものです。

● 清潔の習慣は赤ちゃん時代から

 大切なことは、体をきれいにしておくと気持ちがいいということを、子供に実感させることです。

スポンサードリンク

 そのためには、赤ちゃんの時から朝起きたら顔を拭いてやる、おむつをよく取り替えてやる、少し大きくなってビスケットなどを自分で手に持つようになったら、食べる前に手を拭いてやる… というようなことをやっておかねばなりません。

● 自立できるまでは、母親がこまめに手をかける

 手や顔が汚れていたら、そのつど拭いてあげて、手を洗った後、顔を拭いた後の気持ちの良さを体験させます。

 ときには、洗う前の手の臭いと、洗った後の石けんの良い臭いとを比べさせたり、洗う前と後の顔を鏡にうつして比較させるのもよいでしょう。

 また、ハサミや爪切りの使用はまだ無理なうえに、子供は爪が伸びてもあまり気にしないので、親がふだんから注意して、こまめに切ってあげましょう。これをおこたると、学齢期になっても、爪が伸びても平気でいる子供になってしまいます。

● 躾の行き過ぎは禁物

 ただ、注意すべきは清潔の程度です。子供は活動が激しいのですから、大人の何倍も顔や手足が汚れるのは当然です。また不器用ですから、物をこぼしたり、ひっくり返したりして汚すことも頻繁です。

 それを大人の感覚で”汚い” ”不潔だ”と手ばかり洗わせていると、強迫神経症的な潔癖性があらわれてきます。

 こんな例もあります。
 ある小学校の2年生の男の子は、1日に30回も手を洗うので、手が真赤になっていました。その子は、自分がトイレに行った後だけでなく、家族の誰かがトイレに行ってきても自分の手を洗います。

 トイレの戸を開閉するときに、トイレの汚い空気が部屋に流れてきて、自分の手に触れるからというのです。その子の母親というのは、極端な潔癖性で、なんでも消毒しないと気がすまない人でした。

スポンサードリンク

● 失敗しても叱らない

 洗面所を水浸しにしたり、練り歯磨きを衣服に付けたり、慣れるまでは失敗ばかりすることでしょう。そんな時は、なぜそうなったかをよく説明するのはよいのですが、せっかく子供が自分でやろうとしたのに、上手くいかなかった結果だけを責めると、子供はもはや、やる気をなくしてしまいます。

 また、子供は遊びが中心ですから、手足や衣服を汚くするのは当然のことです。むしろ、健康で活発な子ほど、汚すことがひどいといえます。

 顔や手をまっ黒にして帰ってきたら、それはよほど面白くて充実したことをしてきたのですから、「またそんなに汚したのね!」などと、叱らないことです。

● 環境を整えてあげる

 たとえば、洗面所の水道の栓に手が届かなければ小さな踏み台を置くとか、タオル掛けの位置を変えるとか、それを行なうのに不便さや苦痛がないように配慮しないと、習慣はなかなか身につきません。

● 汚れたことを母親に知らせる習慣も

 清潔の習慣は少しずつ身についてきますが、その途中では、汚れたのが気になっても自分ではどうしようもないという段階があります。こんな時は、それを母親に報告するという習慣をつけさせます。

 例えば、鼻汁は4歳までは一人で上手かめないので、出たらすぐ教えるようにさせ、そのつど拭いてやるようにします。

子育てママの化粧品