子供の躾;薄着の習慣


 子供には、なるべく薄着をさせましょう。たくさん着ていれば、それだけ運動しにくくなります。体全体を自由に、力いっぱい動かすことが成長を早めます。

● 健康のためにも

 赤ちゃん時代は、まだ自分の体温を調節する働きが未熟なので、厚着、薄着に影響されやすいと言われます。ことに、夏、冬の新生児には格別の注意が必要です。

 しかし、幼児になると新陳代謝が盛んで、発育をうながす上にも薄着がよいと言われます。ことに走り回ると、じっとしている時の4~5倍も体熱を出すので、厚着をしていると汗をかいて衣服が濡れてしまいます。

 濡れた衣服は保温力が弱くなるので、運動をやめた時に体が冷えて、風邪の原因になります。

スポンサードリンク

 町で、厚着をした子供の手を引いたお母さんを見かけることがありますが、子供にとっては、大人と一緒に歩くだけでも、相当な運動になっているのですから、子供は出来るだけ薄着で、冬を過ごさせたいものです。

● 躾のためにも

 着脱衣の習慣をつくる時にも、たくさん着ていれば脱ぎにくいし、脱いでも脱いでも、なかなか裸になれないのでは、脱ぐほうもいやになってしまいます。着る時も同じです。薄着のほうが、早く習慣が身につきます。

 厚着をしている子供は、親が寒がりであるとか、おばあちゃんが一緒に住んでいて、手をかけ過ぎている場合が多いようです。

 厚着をしているから寒くないとか、風邪をひかないということはありません。薄着でもからだを動かしていれば暖かいのです。子供は出来るだけ薄着で、冬を過ごすようにしましょう。

子育てママの化粧品