子供の躾;身だしなみ


 いくら高価なものを身につけていても、着方がだらしなくては価値はありません。きちんと着たり、はいたりする躾も重要です。

● 親の身だしなみこそ大切

 これには、まず親がきちんとした身だしなみを、身につけていることが第一です。子供の躾は、親が言葉で言い聞かせたり、叱ったりするだけで行なわれるものではありません。

 子供は、親の日常の行動を注意深く観察しています。親がだらしなければ、子供もだらしなくなります。親が見栄っ張りだと、子供も衣服について見栄っ張りになります。

● 衣服の汚れを気にして遊びを禁止するな

 衣服の清潔を保つ事も大切です。これは親の責任といえます。幼いうちから親が気を配っていれば、子供も自然に気をつけるようになります。

スポンサードリンク

 ただ、清潔であることを強調するあまり、泥がついたり、汗をかいたりするのを嫌がっては困ります。衣服の汚れを気にして、泥んこ遊びを禁止する親がいますが、とんでもないことです。

 力いっぱい遊んで衣服を汚すことと、清潔の躾は矛盾するものではありません。幼児の普段着は、泥だらけになるものと思ってください。

● センスのある躾を

 また、男の子はあまり気にしませんが、女の子は早くから、衣服の配色やデザインなどにも興味を持ちます。成長後も自分にあった、センスのある衣服を選ぶことができるように指導したいものです。

 こんな時にも、着せ替え人形を使った遊びは、躾に利用できます。

 女の子は、ときどきアクセサリー類を、ゴテゴテ身につけて喜んだりします。お母さんが厚化粧で、けばけばしい服装を好んで着ると、子供も真似をします。お母さん自身が、自分にあったセンスのあるおしゃれをすることに心がけてください。

子育てママの化粧品