子供の躾;着衣・脱衣・清潔


 身だしなみの躾
 薄着の習慣
 清潔の躾
 手洗い・歯磨き
 洗顔・口をすすぐ・うがいをする

 衣服を着たり脱いだりすることが一人で出来るようになるのも、基本的習慣の一つです。小学校に入学するまでには、きちんとできあがっていないと困ります。着衣、脱衣の躾に関連して、身だしなみの躾、薄着の習慣の問題もあります。

 <おおよその目安>

 まず、着衣、脱衣がどのようにして発達していくか、おおよその目安を見てみましょう。

 2歳
 一人で脱ごうとする。靴をはく。

 2歳6カ月
 一人で着ようとする。

スポンサードリンク

 3歳
 帽子をかぶる。

 3歳6カ月
 パンツをはく。靴下をはく。

 4歳
 前のボタンをかける。両袖をとおす。一人で脱ぐ。

 4歳6カ月
 一人で全部着る。

 5歳6カ月
 ひもを「かたむすび」する。

 繰り返しますが、この内容はおおよその目安です。これに比べて、自分の子が3ヶ月遅れている、半年遅れていると悩まないでください。あわてて躾ても意味がありません。気長に躾ていけば、そのうち必ず出来るようになります。

● 2歳前半─自発性を尊重し手助けを

 2歳になると、着ているものを一人で脱ごうとします。靴下やソックスは、引っ張って遊んでいるうちに脱げることがあります。子供にとっては新しい発見です。はかせてもはかせても、脱いでしまうことがあります。親は面倒くさがらずに、はかせることが大切です。

 偶然にうまく脱げることもありますが、たいていの場合は完全に脱げません。こんな時は、自分で脱ごうとした自発性をほめながら、手助けをしてあげましょう。

 子供は、脱ぐための体の動かし方がよくわからないのですから、どう動かせば脱げるのか、子供の背後から手を添えてやると、わかりやすいようです。

 また、この頃から自分で靴をはけるようになります。もちろん、ブーツのように、上から足を入れる簡単な靴です。はくのがやさしい靴を用意しておく必要があります。

 ときには、だれの靴でもかまわずにはいてみようとします。こんな時は、頭から「いけません」と禁止するのではなく、どの靴がだれの物なのかを教える機会として利用して下さい。

 自分の身につけるもの、人が身につけるものを区別するのも、着脱衣の躾に入ります。

スポンサードリンク

● 2歳後半─機会を多く作って励ます

 2歳6ヶ月になると、一人で着ようとしはじめます。もちろん、上手に着られるわけではありません。脱ごうとしたときと同じように、自発性を誉め、励ましながら手助けをしましょう。着脱衣が上手にできるようになるためには、着脱の機会が多ければ、それだけ早く上達します。

 朝起きたらねまきを脱いで服に着替える、寝るときは服を脱いでねまきを着る、この習慣はできるだけ早くつけておきましょう。また、外出する時も外出先によって、普段着から外出着に変えさせましょう。これは、身だしなみとも関係します。

● 3歳前半─叱るよりも誉めて

 3歳になると、帽子を一人でかぶります。前や後ろには無頓着です。親がきちんとかぶせることにこだわって、あまりうるさく言うと、せっかくの自発性がこわれてしまいます。叱るよりも、できるだけ誉めてください。

● 3歳後半─前うしろを理解させながら見守る

 3歳6ヶ月には、パンツや靴下をはけるようになります。パンツの場合は、うしろ前にはいたり、靴下の場合は、かかとが上にくる場合も少なくありません。こんな失敗を何回も繰り返さないと、上手にはけるようにはなりません。失敗をやさしく見守る心が必要です。

 このころ、女の子だと着せ替え人形に興味を持ちます。最近の着せ替えの洋服は精巧にできていますから、お母さんも一緒に遊びながら、帽子やパンツの前うしろを理解させましょう。

 ホックやボタンのかけ方を練習することも出来ます。子供に直接こうしなさいというと、反抗する時もありますが、人形を使って指導すると、素直に受け入れることが多いようです。子供の遊びの中には、躾に利用できる機会がたくさんあります。

● 4歳前半─脱いだもののあと始末を教える

 4歳になると、前のボタンはかけられるようになります。洋服の両そでに腕をとおすことができます。また、着ているものの全部を一人で脱ぐことができます。

 ボタンをかけるときは、ちょっとしたコツがいります。ボタンを平らにして、穴に通すのです。子供はなかなかこのコツが分からず、苦心惨澹する場合が多いのです。適当な機会にコツを教えると、直ぐにできるようになります。

スポンサードリンク

 一人で着ているものを脱ぐことが出来るようになったら、脱いだもののあと始末を教えましょう。シャツなどは裏返しになっていますから、親が手伝って表にかえしておきます。洗濯するものであったら、所定の場所へ入れておく習慣をつけるように。

● 4歳後半─躾の完成期

 4歳6ヶ月なると、一人で着られるようになり、着脱衣の習慣が完成したことになります。けれども、女の子の、ワンピースの背中のファスナーなどは手伝ってもらわないとできません。

● ぬぎ着に便利な衣服を

 着脱衣の躾のためには、子供が着たり脱いだりしやすいものを着せる必要があります。たとえば、ひもを「かたむすび」に結べるようになるのは、5歳6ヶ月です。ひもを結ばなければならない衣服は、子供にとってたいへん着にくいものなのです。

 また、食事の躾と同じように、子供の自発性を大切にしなければなりません。時間がかかっても、上手にできなくても、しかったり、すぐ手伝ったりせず、できるだけ誉めながら、自分でやる部分をだんだん増やしていくことが必要です。

 親が手をかけ過ぎていると、なかなか自立できません。自立が遅れていることに気がついたら、一足飛びに全部できるようにするのではなく、出来ることをだんだんと増やしていくという、気の長い躾をしていかなければなりません。

子育てママの化粧品