子供の躾;左利きの子供の食事


 左利きの子供の親のなかには、右利きになおさなければ、と思っている人も少なくないようです。その理由は、左手に鉛筆を持って書いたり、左手に箸を持って食べたりすのは、みっともないというのです。

 たしかに、9割以上の人は右利きですから、左利きの人は、みんなと反対の事をしているわけですから目立ちます。それが本当にみっともないことなのでしょうか。

 右利きの人が多いので、ドアのノブとかカギなどは右利きの人に便利に作られています。けれども、私たち生活のなかには、右手でやらなければどうにもならないということは、なに一つありません。

スポンサードリンク

 野球のようなスポーツでは、明らかに左利きのほうが有利です。

● 無理に直す必要はない

 左利きは直す必要はありません。左利きを直す努力はたいへんなものです。右利きの人が右手にけがをして、右手がぜんぜん使えない状態を想像して下さい。

 左手に箸を持って食事をする。左手で字を書く、考えただけでもいらいらしてきます。こんなにまでして、左利きをなおさなければならないものなのでしょうか。

 これだけの努力をほかの所でしたほうが、よほど本人のためになります。左手に箸を持ち、右手に茶碗を持って食事をしてもよいではありませんか。気にする人がおかしいのです。

子育てママの化粧品