子供の躾;食事の時間と量


 「うちの子は、食事に時間がかかってしかたがない」 遊びながら食べるので、1回の食事に30分以上かかります」という話をよく聞きます。幼稚園のお弁当の時間を見ても、1クラスに一人ぐらいは極端に遅い子がいます。

 けれども、小学校の上級生になると、目だって遅い子はいません。あまり遅いと、いろいろ不都合のあることが自分でわかって、早く食べる努力をするからです。

● なぜ食事に長くかかるか─遊び食いの問題点

 食事の遅い子は1歳から3歳ぐらいの間に、親の食べさせ方がまずかったのでしょう。その頃の子供は、ある程度お腹が一杯になってくると遊びはじめます。遊びながら食べる状態になります。

 どうもお母さんたちは、少しでもたくさん食べさせて、体重を100㌘でも増やそうという気持ちを持っているようです。「大きいことはいいことだ」という俗信に取りつかれています。

 ですから、子供が遊びはじめても、1さじでも余計に食べさせようとします。遊びに付き合っていますから、どうしての食事の時間は長くなります。

スポンサードリンク

 毎日こんなことを繰り返していると、食事は遊びながらするもの、という習慣がついてしまうのです。子供が遊びはじめたら、ある程度満腹したとみなして、そこで食事を終えるようにしましょう。

 また、「よく噛んで食べなさい」とやかましくいうお母さんがいます。噛む時間が長ければ、それだけ食事の時間が長引きます。噛むことも程度問題で、必要以上に噛むことはありません。

● 小食でも心配ない

 「うちの子は小食で困る」ということもよく聞きます。少しでも大きくなればよい、という俗信がありますので、たくさん食べる子供は、健康で成長が早いと考えているようです。

 けれども、食事の量と、体の大きさや成長の速度とは、関係がないと言った方がよいでしょう。もちろん栄養失調になるほどわずかしか食べない場合は別です。

● 食事量にも個人差がある

 食事の量は睡眠時間と同じで、非常に個人差があります。いくら食べても太らない人もいますし、小食でもどんどん太る人もいます。子供の食事の量は、なん歳のときはどのくらいと、一応の目安はありますが、こだわる必要は全くありません。

 子供は病気でなければ、お腹がすいていればたくさん食べるし、お腹がすいていなければ食べません。たくさん食べさせたかったら、戸外で力いっぱい遊ばせることです。

子育てママの化粧品