子供の躾;なんのために躾けるか



 自分の命を大事に育てさせるために

 生命を大切にするということからいえば、子供自身が自分の生命を強く育て、守っていけるようにしてやることが第一の問題になります。

 食事、睡眠、休息、活動、清潔などは、生命の維持に必要だし、暴飲、暴食、偏食、睡眠不足… などのない規則正しい生活習慣の自立は、その意味で大切なのです。

● 合理的な生活技術を教えてやるために

 大人が自分の生命を守って生活していくために必要な事を、全部そのまま、幼児が習得することはとても無理なことです。それでも、幼児はそれぞれの発達段階に応じて、自分の活動できる世界を日一日と広くし、深くしていきます。

 特別に厳しく教えなくても自分で歩きはじめ、自分で食べはじめ、自分で友だちと遊び、自分で手近の道具を使いはじめるでしょう。このように大人が手をかけなくても自然に身につけていく能力もあるにはあります。

 それにしても、大人からみれば不自然であったり、下手であったり、少し教えてやれば早く無駄なくできることが多いのです。ということは親たちが少し手をかけ、教えてやれば、子供たちは効果的で、便利で、無駄のない生活活動が早く出来るようになるというわけです。

スポンサードリンク

● よい生活のしかたを積み重ねさせるために

 大人の生活は、乳幼児の時からの生活の積み重ねで出来ているのです。成長するに従って、もちろん新しいものが加わりますし、幼いときの生活の仕方を直しもするでしょう。
 
 しかし、乳幼児のときに身についた生活の仕方が、後々まで残っていくものはたくさんありますし、それは大人になってから直そうとしても簡単に出来ることではありません。

 乳幼児のときの生活の仕方は、大人になってからの生活の仕方とは違いますが、しかし、その大部分は大人の生活の仕方の基礎にもなっていくのです。

 幼いときに相当の努力をさせても、しっかりした生活の仕方を身に着けさせたほうが、後々おおいに役立つのです。

● よりよく、より深く人間として生きるために
 
 “しつけ”は、躾というものがあるからとか、しておいたほうが便利であるとか、また格好がよいとかいうだけのものではないのです。
 
 躾をすることによって、子供たちがより良く、より深く、人間として生活していく事が出来るという意味で、必要なのです。

子育てママの化粧品